建築学科

  • 総合工学プログラム
  • 機械工学科
  • 電気電子情報工学科
  • 物質生命化学科
  • 情報システム創成学科
  • 経営工学科
  • 建築学科
Home > 教員紹介 > 総合工学プログラム

工学部メニュー

総合工学プログラムMENU

総合工学プログラム

「総合工学プログラム」での教育プログラムは,幅広い専門知識の修得という目的を達成できるように,工学部所属の広い専門分野の教員の集まりによって運営されています。


▼ 総合工学プログラムを担当する主な教員

  プログラム主任 日比野欣也教授(物理教室)


<環境・エネルギー>

氏名 藤本 滋 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3472,3486
研究室HP 藤本 滋 部屋番号 12-24,12-311
研究分野 機械力学,振動工学,制御工学
所属学協会 日本機械学会,日本地震工学会,日本原子力学会,日本設計工学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 産業施設の耐震・制振・免震技術の開発
  2.  
  3. 2. 環境・構造物の振動を利用した高出力振動発電手法
  4.  
  5. 3. 振動発電素子を用いた外部電源不要・ケーブルレスモニタリングシステムの開発
  6.  
  7. 4. 構造物腐食による耐震性劣化診断手法の研究
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. 圧電素子を用いた振動発電手法に関する研究(第2報,圧電素子の積層化による
      発電特性の向上),日本設計工学会誌,Vol.51,No.7,pp/497-508(2016-7).
  2.  
  3. 2. 圧電素子を用いた振動発電手法に関する研究(第1報,添加剤を加えた圧電素子の
      発電特性),日本設計工学会誌,Vol.47,No.12,p596-p602 (2012-12).

氏名 原村 嘉彦 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3757
研究室HP - 部屋番号 23-509
研究分野 沸騰伝熱,スターリングエンジン
所属学協会 日本伝熱学会・日本機械学会・日本設計工学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 遷移沸騰の伝熱特性
  2.  
  3. 2. スターリングエンジンの高温空間壁面における熱伝達
  4.  
  5. 3. スターリングエンジンの高効率・高出力化
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. LED冷却を目的とした球面ヒートパイプの伝熱特性, 第54回日本伝熱シンポジウム講演
      論文集, C133 (2017-5)
  2.  
  3. 2. Visualization of flow in a cylinder during the expansion process induced
      by an annular jet along the cylindrical wall, Proceedings of 17th International
      Stirling Engine Conference and Exhibition, pp. 580-588 (2016-8).
  4.  
  5. 3. 原子炉における全電源喪失時の冷却源の一提案, 日本機械学会論文集, Vol. 81, No. 827,
      15-00117 (2015-7)

氏名 伊東 弘行 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3436,3427
研究室HP 伊東 弘行 部屋番号 8-515,8-45-1
研究分野 熱工学,燃焼工学
所属学協会 日本機械学会,日本燃焼学会,スマートプロセス学会,日本エネルギー学会,日本設計工学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. バイオマスブリケットの全体燃焼挙動に関する研究
  2.  
  3. 2. バイオマスブリケットの端面燃焼方式の開発
  4.  
  5. 3. 火炎中ススのLED光源を用いた計測手法の開発
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. 高密度バイオマスブリケット燃焼挙動へのブリケットサイズの影響,スマートプロセス
      学会誌, Vol.5, No.2,pp.129-135 (2016-3).
  2.  
  3. 2. Study on One-dimensional Steady Combustion of Highly Desified Biomass Briquette
      (Bio-coke) in Air Flow,Proceedings of the Combustion Institute, Vol.35, Issue 2,
      pp.2415-2422 (2015-1).

氏名 中尾 陽一 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3489,3475
研究室HP 中尾陽一 部屋番号 12-39,12-26
研究分野 工作機械,静圧スピンドル,水圧制御システム
所属学協会 日本機械学会,精密工学会,米国機械学会,米国精密工学会,砥粒加工学会,日本フルードパワーシステム学会,設計工学会,日本人工臓器学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 水/油静圧軸受の超精密機械要素への応用および制御
  2.  
  3. 2. 静圧スピンドルの最適設計および開発
  4.  
  5. 3. 各種材料に対する超精密加工
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Simulation of Energy Consumption of Machine Tool Motion for 3-Axis Machining,
      Journal of Energy and Power Engineering, Vol. 11, No. 1, pp. 37-43(2017).
  2.  
  3. 2. Feasibility Study on Design of Spindle Supported by High-Stiffness Water
      Hydrostatic Thrust Bearing, International Journal of Automation Technology,
      Vol.8, No.4 pp. 530-538( 2014).
  4.  
  5. 3. ウォータドライブステージの開発と速度制御, 日本機械学会論文集, Vol. 80,
      No. 815(2014).

氏名 高野 敦 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3371,3301
研究室HP 高野研究室 部屋番号 6-402,6-107
研究分野 宇宙機,構造設計,材料力学,統計的強度評価
所属学協会 日本機械学会,日本航空宇宙学会,日本材料学会,日本ねじ研究協会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 超小型ハイブリッドロケットの設計・開発など
  2.  
  3. 2. 座屈,屈服等の弾性不安定に関する問題
  4.  
  5. 3. 接着結合・ボルト締結など,結合部の材料・構造設計及び評価
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Inferential Statistical Method for Structural Design, AIAA Journal,
      Vol. 55, No. 3, pp. 1026-1030(2017).
  2.  
  3. 2. 一般異方性円筒殻の軸圧縮・ねじりおよび複合荷重に対する閉じた解,
      日本機械学会論文集,Vol. 80, No. 812 (2014年4月) p. SMM0085.
  4.  
  5. 3. 衛星構造用高強度ボルト締結体の開発,日本機械学会論文集A 編,Vol. 79, No.801,
      pp. 682-690 (2013-5).
  6.  
  7. 4. Statistical Knockdown Factors of Buckling Anisotropic Cylinders underAxial
      Compression, ASME Journal of Applied Mechanics, Vol. 79, 051004,Sept.(2012).

氏名 竹村 兼一 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3488,3474
研究室HP 竹村兼一 部屋番号 12-37,12-27
研究分野 複合材料工学,機械材料,材料力学
所属学協会 日本機械学会,日本材料学会,日本複合材料学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 炭素繊維強化複合材料の耐久性に関する研究
  2.  
  3. 2. 天然繊維を強化材としたグリーンコンポジットの機械的特性に関する研究
  4.  
  5. 3. 複合材料の界面強度に関する研究
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Effect of Resin Particle on Interfacial Shear Strength of CF/MAPP after
      Immersion, Key Engineering Materials, Vol.665, pp.197-200 (2016-1).
  2.  
  3. 2. Fatigue Property of Natural Fiber after Alkali Treatment, WIT Transactions
      on the Build Environment, Vol.166, pp.343-349 (2016-12).
  4.  
  5. 3. ジュート単繊維の疲労強度に及ぼす繰返し周波数と時間依存型破壊の影響,
      日本複合材料学会誌,Vol.41, No.2, pp.47-54 (2015-3).

氏名 寺島 岳史 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3372,3064
研究室HP 寺島 岳史 部屋番号 6-403,5-132
研究分野 非平衡材料,接合,材料加工
所属学協会 日本材料学会,応用物理学会,溶接学会,金属学会,高分子学会,スマートプロセス学会,プラズマ応用科学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 金属ガラス(バルクアモルファス合金)の溶接
  2.  
  3. 2. 金属ガラスの過冷却液体状態を利用した超塑性加工
  4.  
  5. 3. アモルファス合金マイクロウールの開発と応用
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Cu metallization of the Surface of Cu-Zr-based Metallic Glass, J. Alloys Compd,
      No. 536S, pp.S113-S116 (2012).
  2.  
  3. 2. Cu薄膜溶着Cu-Zr系金属ガラスの開発とはんだぬれ性, Vol. 37, pp.123-128 (2011).
  4.  
  5. 3. Composite Coating Containing WC/12Co Cermet - Fe-based Metallic Glass
      Deposited by High-Velocity Oxygen Fuel Spraying, J. Alloys Compd.,
      Vol. 504S, pp.S288-S291 (2010).

氏名 山崎 徹 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3758,3751
研究室HP 山崎 徹 部屋番号 23-510,23-502
研究分野 機械力学,振動,音響
所属学協会 日本機械学会,日本自動車技術会,日本騒音制御工学会,日本音響学会,日本土木学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 振動エネルギー伝搬解析を用いた機械製品の低振動低騒音設計
  2.  
  3. 2. 楽器から学ぶ機械の静穏化技術開発
  4.  
  5. 3. 各種振動音響に関するモデル化
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. 角速度計を用いたはりの振動インテンシティ計測,日本機械学会論文集Vol.83,
      No.845,DOI:10.1299/transjsme.16-00245(2017-1)
  2.  
  3. 2. 車体制振ダンパーの減衰特性のモデル化,自動車技術会論文集,
      47巻6号,pp.1367-1372(2016-11)
  4.  
  5. 3. モードと波動の両視点による機械構造物の振動低減設計,自動車技術会論文集,
      47巻6号,pp.1373-1379(2016-11)

氏名 松木 伸行 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3762
研究室HP 部屋番号 23-514
研究分野 エネルギー変換デバイス,固体電子工学,薄膜電子材料
所属学協会 応用物理学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 新型太陽電池・光電変換材料の開発
  2.  
  3. 2. フレキシブル電子デバイスの開発
  4.  
  5. 3. 環境調和型薄膜機能材料の創製
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. N. Matsuki and H. Fujiwara, Nondestructive characterization solar cell structures
      with nanometer-scale a-Si:H and In2O3:Sn layers by spectroscopic ellipsometry,
      J. Appl. Phys. 114, 043101-1~5, (2013).
  2.  
  3. 2. N. Matsuki, Y. Irokawa, Y. Nakano, M. Sumiya, π-Conjugated polymer/GaN
      Schottky solar cells, Solar Energy Materials and Solar Cells, 95 , 1,
      284-287, (2011).
  4.  
  5. 3. N. Matsuki, Y. Nakano, Y. Irokawa, M. Sumiya, Heterointerface Properties of novel
      hybrid solar cells consisting of transparent conductive polymers and III-nitride
      semiconductor, J. Nonlinear Opt. Phys. Mater., 19, 4, 703-711, (2010).
  6.  
  7. 4. N. Matsuki, Y. Irokawa, T. Matsui, M.Kondo, and M. Sumiya, Photovoltaic action in
      polyaniline/n-GaN Schottky diodes, Applied Physics Express, 2, 9, 092201-1~3,
      (2009).
  8.  
  9. 5. N. Matsuki, R. Ishihara, A. Baiano, K. Beenakker, Investigation of local electrical
      properties of coincidence-site-lattice boundaries in location-controlled silicon
      islands using scanning capacitance microscopy, Applied Physics Letters, 93, 6,
      062102-1~3, (2008).
  10.  

氏名 中山 明芳 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3835
研究室HP 部屋番号 23-707
研究分野 超伝導デバイス,量子デバイス
所属学協会 IEEE,応用物理学会,電子情報通信学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 超伝導薄膜の作成,超伝導トンネル素子の製作,超伝導デバイス特性のシミュレーション
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. A.Nakayama, S.Abe, N.Watanabe, “Deviation From Fraunhofer-Type Modulation of
      Josephson Current Through Niobium Tunnel Junctions by Applying Vertical
      Magnetic Field”IEEE Trans. Appl. Supercond, 26, 1100606 (2016).
  2.  
  3. 2. A.Nakayama, S.Abe, Y.Nishi, N.Watanabe, Y.Okabe “Two-dimensional magnetic
      field dependence of zero and finite voltage steps in current-voltage
      characteristics of superconducting quantum interference devices”
      Microelectron. Eng, 146, 19(2015).
  4.  
  5. 3. A.Nakayama, S.Abe, N.Watanabe “Two-dimensional magnetic field dependence of
      Josephson current and resonant current steps at finite voltage of square shape
      superconducting tunnel junctions” J. Appl. Phys, 111, 113907 (2012).

氏名 新中 新二 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3801
研究室HP 部屋番号 23-613
研究分野 モータドライブ工学,モータ工学
所属学協会 電気学会,計測自動制御学会,IEEE等

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. ACモータの駆動制御技術
  2.  
  3. 2. ACモータの応用技術(電気自動車,パワステ,エアコン,スピンドル,他)
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
    • 1. 新中新二:"永久磁石同期モータのベクトル制御技術(上巻,原理から再先端まで)",
        ISBN 978-4-88554-972-4,電波新聞社, (2008, 12)
    •  
    • 2. 新中新二:"永久磁石同期モータのベクトル制御技術(下巻,センサレス駆動制御の真髄)",
        電波新 聞社, ISBN 978-4-88554-973-1 ,(2008, 12)
    •  
    • 3. 新中新二:"誘導モータのベクトル制御技術",ISBN 978-4-501-11710-8 ,
        東京電機大学出版局, (2015, 4)

氏名 山口 栄雄 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3759
研究室HP 部屋番号 23-511
研究分野 半導体工学,核酸増幅法,熱電変換システム(ペルチェ,ゼーベック)
所属学協会 応用物理学会,電気学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 固体・液体と熱とバイオを融合させた研究
  2.  
  3. 2. 高速核酸増幅装置,振動核酸増幅法,高速ペルチェ素子,高効率熱電変換システムの開発
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. S. Yamaguchi, T. Suzuki, K. Inoue, and Y. Azumi, DC-driven thermoelectric Peltier
      device for a precise PCR system, Jpn. J. Appl. Phys. 54, 057001-1-4 (2015).
  2.  
  3. 2. S. Yamaguchi and H. Homma, Fabrication of a unipolar Peltier device using
      a pair of N-type thermoelectric materials , MICROELECTRON. ENG, 129,
      77–80 (2014).
  4.  
  5. 3. Y. Okuwaki and S. Yamaguchi, Fabrication of a portable thermal cycler using a PN
      sandwich-structure Peltier device, Adv. mater. res., 254, 128-131 (2011).

氏名 池原 飛之 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3849
研究室HP 池原研究室
(ソフトマテリアル物性研究室)
部屋番号 23-722-1
研究分野 高分子物性
所属学協会 高分子学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 高分子多成分系の分子運動性とダイナミクス・物性との相関
  2.  
  3. 2. 結晶性/結晶性高分子ブレンドでの相互侵入球晶の探索と解析
  4.  
  5. 3. ポリマー多成分系が形成するナノからマクロ構造解析と制御
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Relation between the helical twist and S-shaped cross section of the lamellar
      crystals of polyethylene”, Sci. Rep. 3, 1444; DOI:10.1038/srep01444 (2013).
  2.  
  3. 2. “Spherulitic Growth in Block Copolymers and Blends of Miscible Crystalline
      Polymers”, J. Polym. Sci. Part B Polym. Phys., 50(8), 563?571 (2012).
  4.  
  5. 3. “Miscibility Enhancement and Formation of Interpenetrating Spherulites in Ternary
      Blends of Crystalline Polymers”, J. Polym. Sci. B Polym. Phys., 48(6), 706-711
      (2010).

氏名 金 仁華 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3845
研究室HP 金研究室 部屋番号 23-717-1
研究分野 高分子合成,ハイブリッド材料,ナノ構造材料
所属学協会 日本化学会,高分子学会,日本セラミックス協会,バイオテンプレート研究会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. ポリオキサゾリン,ポリエチレンイミン類機能性ポリマの設計と合成
  2.  
  3. 2. バイオミメティック手法による複雑階層構造のナノ酸化物の合成と機能
  4.  
  5. 3. 自己組織化・超分子化学・キラリティ発現に統合されるキラルナノ材料の開発
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Nanosheets-Stacked Chiral Silica Transcribed from Metal ions- and pH-tuned
      Supramolecular Crystalline Complexes of Polyamine/D-glucarate”,
      Chem. Eur. J., 20, 1134-1145 (2014)
  2.  
  3. 2. “Bioinspired Synthesis of Soft-Nanofilament-based Coatings Consisted of
      Polysilsesquioxanes/Polyamine and Their Divergent Surface Control”,
      ACS Appl. Mater. & Interface
    , 5, 3126-3133 (2013)
  4.  
  5. 3. “High-Temperature-Resistant Chiral Silica Generated on Chiral Crystalline
      Templates Under Neutral-pH/Ambient Conditions”,
      Angew. Chem. Int. Ed., 51, 5862-5865 (2012)

氏名 小出 芳弘 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3888
研究室HP 小出研究室
(有機無機ハイブリッド構造研究室)
部屋番号 23-819
研究分野 無機化学 有機無機ハイブリッド構造 光機能性材料
所属学協会 アメリカ化学会,日本化学会,高分子学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 有機アルミニウム化合物の立体選択性合成とその単結晶構造解析
  2.  
  3. 2. 酸化アルミニウム化合物による触媒機能発現
  4.  
  5. 3. 分子自己組織化による無機ナノ構造体の構築
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. A theoretical and experimental study on meridional-facial isomerization of tris
      (quinolin-8-olate)aluminum (Alq3), I. Iwakura, H. Ebina, K. Komori-Orisaku,
      Y. Koide, Dalton Trans., 2014, 43 (34), 12824 - 12827.
  2.  
  3. 2. Pulsed Nd:YAG laser induced high throughput stereospecific [2+2] cycloaddition of
      highlyorganized 1,2-bis(4-pyridyl)ethylene in a supramolecular scaffold, I. Iwakura,
      S. Kato, R. Hino, A. Fukumoto, K. Komori-Orisaku, Y. Koide, RSC Adv., 2013, 3,
      5354-5356.

氏名 松本 太 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3885
研究室HP 松本研究室
(エレクトロニクス材料
化学研究室)
部屋番号 23-816-1
研究分野 工業物理化学,無機工業化学,電気分析化学,ナノ材料
所属学協会 電気化学会,表面技術協会,The Electrochemical Society,MRS

▼ 研究室の研究内容
    • 1. 高性能リチウム電池,燃料電池,空気電池,バイオ電池などに用いられる高密度,
        高エネルギー材料の合成および性能の向上のための電池反応解析 (電気化学測
        定法,STM, AFM, ラマン分光法,質量分析法などを用いる総合的な解析)
    •  
    • 2. 新規エネルギー材料探索のためのHigh-Throughput Screening法の開発,
        コンビナトリアルケミストリーによる多種・多様な化合物の迅速合成(各種電池
        材料,水素吸蔵合金,超伝導材料などの開発)
    •  
    • 3. 機能性ナノ材料の合成と応用に関する研究(バイオセンサ用ナノ電極,機能性
       ナノ粒子,バイオメディカルへの応用,高感度分光分析への応用)
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “One-Pot Synthesis of Platinum-based Nanoparticles Incorporated in Mesoporous
      Niobium Oxide for Next Generation Fuel Cell Electrodes”, M. C. Orilall,
      F. Matsumoto, C. Zhou, H. Sai, H. D. Abruna,F. J. DiSalvo, U. Wiesner,
      J. Am. Chem. Soc., 2009,131(26),9389-9395.
  2.  
  3. 2. “Electrochemical Activity of Ordered Intermetallic PtPb Nanoparticles Prepared by
      Borohydride Reduction towards Formic Acid Oxidation for Fuel Cell Application”,
      F. Matsumoto, C. Roychowdhury, F. J. DiSalvo, H. D. Abruna, J. Electrochem. Soc.,
      2008, 155(2),? B148-B154.
  4.  
  5. 3. “High Electrocatalytic Activity of Atomically Ordered Pt3Ti Nanoparticles”, H. Abe,
      F. Matsumoto, L. R. Alden, H. D. Abruna, F. J. DiSalvo, J. Am. Chem. Soc., 2008,
      130(16),5452-5458.

氏名 本橋 輝樹 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3876
研究室HP 本橋研究室
(機能性セラミックス研究室)
部屋番号 23-808-1
研究分野 固体化学,無機材料化学,物性化学
所属学協会 日本セラミックス協会,日本化学会,日本物理学会,応用物理学会,アメリカ化学会,電気化学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 結晶化学に基づく機能性セラミックスの設計・開発
  2.  
  3. 2. 新規酸素貯蔵材料の開発とその環境・エネルギー応用展開
  4.  
  5. 3. 遷移金属酸化物の電子物性制御
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Brownmillerite-type Ca2FeCoO5 as a Practicable Oxygen Evolution Reaction
      Catalyst”, Etsushi Tsuji, Teruki Motohashi, Hiroyuki Noda, Damian Kowalski,
      Yoshitaka Aoki, Hajime Tanida, Junji Niikura, Yukinori Koyama, Masahiro Mori,
      Hajime Arai, Tsutomu Ioroi, Naoko Fujiwara, Yoshiharu Uchimoto, Zempachi
      Ogumi, and Hiroki Habazaki, ChemSusChem 10 (14),2864-2868 (2017).
  2.  
  3. 2. “Significant lanthanoid substitution effect on the redox reactivity of
      the oxygen-storage material BaYMn2O5+δ”,
      T. Motohashi, M. Kimura, Y. Masubuchi, S. Kikkawa, J. George,
      and R. Dronskowski, Chemistry of Materials 28 (12), 4409-4414 (2016).
  4.  
  5. 3. “Remarkable oxygen intake/release of BaYMn2O5+δ viewed
      from high-temperature crystal structure”, T. Motohashi, T. Takahashi,
      M. Kimura, Y. Masubuchi, S. Kikkawa, Y. Kubota, Y. Kobayashi, H. Kageyama,
      M. Takata, S. Kitagawa, and R. Matsuda, The Journal of Physical
      Chemistry C 119 (5), 2356-2363 (2015).

氏名 上田 渉 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3903
研究室HP 上田研究室
(触媒物質化学研究室)
部屋番号 23-829-1
研究分野 触媒化学,触媒物質化学,物理化学
所属学協会 日本化学会,触媒学会,石油学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 金属導入や骨格元素置換による結晶性Mo-V複合酸化物触媒の多機能化
  2.  
  3. 2. 新しい構造,組織をもった高機能触媒の創出
  4.  
  5. 3. 天然ガス資源を化学品にする接触的酸化反応の展開
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Synthesis of Novel Orthorhombic Mo and V Based Complex Oxides Coordinating
      Alkylammonium Cation in Its Heptagonal Channel and Their Application
      as a Catalyst, S. Ishikawa, T. Murayama, S. Ohmura, M. Sadakane, W. Ueda,
      Chem. Mater., 2013, 25,2211-2219.
  2.  
  3. 2. Redox Treatment of Orthorhombic Mo29V11O112 and Relationships between
      Crystal Structure, Microporosity and Catalytic Performance for Selective
      Oxidation of Ethane, S. Ishikawa, D. Kobayashi, T. Konya, S. Ohmura,
      T. Murayama, N. Yasuda, M. Sadakane, W. Ueda, J. Phys. Chem. C 2015,
      119
    , 7195-7206.
  4.  
  5. 3. Microporous Crystalline Mo–V Mixed Oxides for Selective Oxidations, S. Ishikawa,
      W. Ueda, Catal. Sci. Technol., 2016, 6, 617-629.
  6.  
  7. 4. Synthesis of Crystalline Microporous Mo–V–Bi Oxide for Selective (Amm)
      Oxidation of Light Alkanes, S. Ishikawa, Y. Goto, Y. Kawahara, S. Inukai, N. Hiyoshi,
      N. F. Dummer, T. Murayama, A. Yoshida, M. Sadakane, W. Ueda, Chem. Mater.,
      2017, 29, 2939-2950.

氏名 横澤 勉 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3846
研究室HP 横澤研究室
(分子アーキテクチャー研究室)
部屋番号 23-718-1
研究分野 高分子合成,有機合成化学
所属学協会 日本化学会,高分子学会,アメリカ化学会,有機合成化学協会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 触媒の分子内移動を利用した制御された共役系高分子の合成
  2.  
  3. 2. 分子量と分子量分布の制御された多分岐高分子を含むアーキテクチャーと自己組織化
  4.  
  5. 3. 環状高分子の合成法の開発とこれを用いた鎖状高分子の両末端官能基化
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “AmPhos Pd-catalyzed Suzuki-Miyaura Catalyst-Transfer Condensation
      Polymerization: Narrower Dispersity by Mixing the Catalyst and Base
      Prior to Polymerization”, K. Kosaka, T. Uchida, K. Mikami, Y. Ohta,
      T. Yokozawa, Macromolecules, 51 (2), 364-369 (2018).
  2.  
  3. 2. “Control of Molecular Weight and End-Functional Groups of Polyester from A2 + B2
      Polycondensation via Cross Metathesis of Cyclic Unsaturated Polyester with
      Difunctional Olefin”, R. Okabayashi, Y. Ohta, T. Yokozawa, Macromolecules,
      50 (24), 9589-9597 (2017).
  4.  
  5. 3. “Unusual Cyclic Polymerization through Suzuki-Miyaura Coupling of Polyphenylene
      Bearing Diboronate at Both Ends with Excess Dibromophenylene”, H. Sugita,
      M. Nojima, Y. Ohta, T. Yokozawa, Chem. Commun., 53 (2), 396-399 (2017).

氏名 岩本 靜男 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3481
研究室HP 岩本研究室 部屋番号 12-34
研究分野 建築環境工学
所属学協会 日本建築学会,空気調和・衛生工学会,生理人類学会,人間-生活環境系学会,日本太陽エネルギー学会,IBPSA(国際建築性能シミュレーション学会)

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 建築内外の気流分布の数値解析法
  2.  
  3. 2. 人体の温冷感の予測法
  4.  
  5. 3. 暖房室内の温熱・空気環境の予測法
  6.  
  7. 4. 建築設備における省エネルギー・地球環境負荷削減に関する研究
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. 岩本靜男他,業務用ビルを対象とした結露リスク評価に関する研究 気密性能および
      断熱性能の違いによる結露リスク評価,日本建築学会環境系論文集,80 (718),
      1133-1142 (2015. 12).
  2.  
  3. 2. 岩本靜男他,節湯型シャワーヘッドの物理特性と使用感に関する研究 第2報
      使用感と物理量の関係と実入浴時における湯消費削減効果の検討,
      日本建築学会環境系論文集,81 (729), 987-995 (2016. 11).
  4.  
  5. 3. Shizuo Iwamoto et al., The prediction method of supply water temperature for
      energy simulation of hot water supply system, Proceedings of CIB-W062
      Symposium, 118-128 (2017. 8).

氏名 日比野 欣也 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3376
研究室HP 部屋番号 6-411
研究分野 計算物理
所属学協会 情報処理学会,日本物理学会,CIEC

▼ 研究室の研究紹介
  1. 1. シミュレーションを用いた高エネルギー物理現象に関する研究
  2.  
  3. 2. ニューラルネットのイメージ解析への適応に関する研究
▼ 最近の研究成果
  1. 1. OBSERVATION OF MULTI-TeV DIFFUSE GAMMA RAYS FROM THE GALACTIC
      PLANE WITH THE TIBET AIR SHOWER ARRAY, Amenomori, M., Hibino,
      K. et al., Astrophysical Journal, 580, 887-895 
      (The American Astronomical Society),2002
  2.  
  3. 2. Primary proton spectrum between 200 TeV and 1000 TeV observed with the Tibet
      burst detector and air shower array, Amenomori, M., Hibino, K. et al.,
      Physical Review, D62, 112002 (The American Physical Society), 2000
  4.  
  5. 3. DETECTION OF MULTI-TeV GAMMA RAYS FROM MARKARIAN 501 DURING
      AN UNFORESEEN FLARING STATE IN 1997 WITH THE TIBET AIR SHOWER ARRAY,
      Amenomori, M., Hibino, K. et al., Astrophysical Journal,Vol.532, 302-307
      (The American Astronomical Society), 2000

氏名 客野 遥 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3159
研究室HP 部屋番号 5-323B
研究分野 物性物理学(実験)
所属学協会 日本物理学会,フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 1. 微細な空間に閉じ込められた水の物性研究
  2.  
  3. 2. イオン液体の構造とダイナミクスの研究
▼ 最近の研究成果
  1. 1. H. Kyakuno, M. Fukasawa, R. Ichimura, K. Matsuda, Y. Nakai, Y. Miyata, T. Saito,
      Y. Maniwa, “Diameter-dependent hydrophobicity in carbon nanotubes”,
      The Journal of Chemical Physics Vol. 145, pp. 064514-1-12 (2016).
  2.  
  3. 2. D. Hayashi, T. Ueda, Y. Nakai, H. Kyakuno, Y. Miyata, T. Yamamoto, T. Saito,
      K. Hata, Y. Maniwa, “Thermoelectric properties of single-wall carbon nanotube
      films: Effects of diameter and wet environment,” Applied Physics Express,
      vol. 9, pp. 025102-1-4 (2016).
  4.  
  5. 3. D. Hayashi, T. Ueda, Y. Nakai, H. Kyakuno, Y. Miyata, T. Yamamoto, T. Saito,
      K. Hata, Y. Maniwa, “Thermoelectric properties of single-wall carbon nanotube
      films: Effects of diameter and wet environment,” Applied Physics Express,
      vol. 9, pp. 025102-1-4 (2016).

氏名 松田 和之 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3374
研究室HP 部屋番号 6-409
研究分野 物性物理学実験
所属学協会 日本物理学会,フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 1. ナノ構造物質の電子物性・構造物性の研究,カーボンナノチューブ及び
      その原子・分子内包複合体の物性研究,核磁気共鳴法による物性研究
▼ 最近の研究成果
  1. 1. M. Hagiwara, M. Ikeda, T. Kida, K. Matsuda, S. Tadera, H. Kyakuno, K. Yanagi,
      Y. Maniwa, and K. Okunishi, "Haldane State Formed by Oxygen Molecules
      Encapsulated in Single-Walled Carbon Nanotubes", J. Phys. Soc. Jpn.
      83 (2014) 113706.
  2.  
  3. 2. K. Matsuda, K. Yanagi, H. Kyakuno, S. Sagitani, H. Kataura, and Y. Maniwa
      "13C-NMR Shift of Highly Concentrated Metallic and Semiconducting
      Single-Walled Carbon Nanotubes", J. Phys. Soc. Jpn. 65 (1996) 679.
  4.  
  5. 3. K.Matsuda,Y.Konaka,Y.Maniwa,S.Matsuishi,and H.Hosono,”Electronic state and
      cage distortion in the room-temperature stable electride
      [Ca24AI28064]4+(02-)2-x(e-)2x as probed by 27 AI NMR”, Phys.Rev.B 80,
      (2009) 245103-1-5.
▼ 受賞
  1. 1. 2013年度 神奈川大学学術褒賞

      「高純度金属型半導体型カーボンナノチューブの核磁気共鳴による研究」2013年10月

氏名 西野 晃徳 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3218
研究室HP 部屋番号 5-421
研究分野 物性基礎論,数理物理学
所属学協会

▼ 最近の研究成果
  1. 1. Akinori Nishino, Takashi Imamura and Naommichi Hatano, "Exact many-electron
      scattering states in a parallel-coupled doub1e quantum-dot system", J. Phys.:
      Conf. Ser. 343, 012087-1-7 (2012).
  2.  
  3. 2. Akinori Nishino , Takashi Imamura and Naomichi Hatano, "I-V characteristics of
      an open quantum dot with a Coulomb interaction: Extension of the Landauer
      formula with exact scattering eigenstates", Phys. Rev. B83, 035306-1-l7 (2011).
  4.  
  5. 3. Akinori Nishino, Takashi Imamura and Naomichi Hatano, "Exact scattering
      eigenstates, many-body bound states, and nonequi1ibrium current in an open
      quantum dot system", Phys. Rev. Lett. 102, 146803-1-4 (2009).

氏名 清水 雄輝 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3220
研究室HP 部屋番号 5-423
研究分野 非加速器素粒子実験,放射線計測
所属学協会 日本物理学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 1. 国際宇宙ステーションにおける高エネルギー宇宙線観測
  2.  
  3. 2. 長期間気球による暗黒物質の間接探索
▼ 最近の研究成果
  1. 1. “A balloon experiment using CALET prototype (bCALET-2)”, Advances in Space
      Research, 55, Issue 2, pp. 753-760 (2015).
  2.  
  3. 2. “Calibration of LHCf calorimeters for photon measurement by CERN SPS test
      beam”, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, 671,
      pp. 129-136 (2012).
  4.  
  5. 3. “Balloon borne experiment with CALET prototype”, Journal of the Physical
      Society of Japan, 78, pp. 165-168 (2009).

氏名 田村 忠久 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3341
研究室HP 部屋番号 6-302
研究分野 宇宙線物理学
所属学協会 日本物理学会,日本天文学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 1. 宇宙線電子・ガンマ線観測による宇宙における高エネルギー現象の研究
  2.  
  3. 2. スペースステーション搭載を目指した宇宙線観測装置の開発
  4.  
  5. 3. シンチファイバー粒子検出器の加速器ビームによる性能試験
  6.  
  7. 4. コンパクト多チャンネル光電子増倍管の読み出しフロントエンド回路の開発
  8.  
  9. 5. 南極周回気球などを利用した長期間宇宙線電子・大気ガンマ線観測実験
▼ 最近の研究成果
  1. 1. CALET upper limits on X-ray and gamma-ray counterparts of GW 151226,
      The Astrophysical Journal Letters, Volume 829, Number 1 (2016) L20 (5pp)
  2.  
  3. 2. Relativistic electron precipitation at International Space Station:Space weather
      monitoring by Calorimetric Electron Telescope,Geophysical Research Letters,
      43 (2016) 4119-4125.
  4.  
  5. 3. A balloon experiment using CALET prototype (bCALET-2),Advances
      in Space Research, 55 (2) (2015) 753-760.

氏名 有働 慈治 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3392
研究室HP 部屋番号 6-416
研究分野 高エネルギー宇宙線物理学
所属学協会 日本物理学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 1. 超高エネルギー宇宙線の観測
  2.  
  3. 2. 高エネルギー宇宙線起源・伝播の研究
▼ 最近の研究成果
  1. 1. Search for Anisotropy of Ultra-High Energy Cosmic Rays with the Telescope Array
      Experiment, Astroph. J., 757, 26(2012)
  2.  
  3. 2. The atmospheric transparency measured with a LIDER system at the Telescope
      array experiment, Nucl. Inster. and Meth., A654 pp.653-660(2011)
  4.  
  5. 3. Anisotropy and Corotation of Galactic Cosmic Rays, Science, 314,
      pp.439-443(2006)


<生体機能・医用工学>

氏名 江上 正 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3485,3750
研究室HP 江上正 部屋番号 12-310,23-501
研究分野 ロボティクス,メカトロニクス,制御工学
所属学協会 計測自動制御学会,電気学会,システム制御情報学会,日本ロボット学会,日本機械学会,IEEE,宇宙エレベーター協会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 宇宙エレベーター実験用クライマーの開発と姿勢制御
  2.  
  3. 2. 福祉ロボットの開発(自動走行車椅子,倒立振子型車椅子など)
  4.  
  5. 3. 災害支援ロボットの開発(監視用走行ロボット,柔軟関節4脚ロボットなど)
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. 横すべりを考慮した車両の経路制御手法の提案とその応用,
      計測自動制御学会論文集,Vol.53,No.4,pp.268-275(2017-4).
  2.  
  3. 2. CMGユニットを用いたロープ型宇宙エレベーター実験用クライマーの昇降安定化制御,
      日本ロボット学会誌,Vol.35, No.1,pp.47-54(2017-1).
  4.  
  5. 3. 点列として与えられる経路に対する追従制御とボール&プレートシステムへの適用,
      システム制御情報学会論文誌,Vol.29,No.3 ,pp.143-151(2016-3).

氏名 林 憲玉 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3755,3756
研究室HP 林憲玉 部屋番号 23-508,23-307,23-308
研究分野 ロボット工学,知能機械工学,制御工学,メカトロニクス
所属学協会 IEEE,日本ロボット学会,日本機械学会,計測自動制御学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. ヒューマノイドロボットの研究
  2.  
  3. 2. ドーロン(フライングロボット)の研究開発
  4.  
  5. 3. 人間に怪我をさせないロボットシステムの研究開発
  6.  
  7. 4. 管内検査移動ロボットの研究開発
  8.  
  9. 5. タブレット・スマートフォンを利用した移動ロボット遠隔システムの構築
  10.   物体認識に関する研究
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Heel-Contact Toe-Off Walking Pattern Generator Based on the Linear Inverted
      Pendulum, International Journal of Humanoid Robotics,
      Vol.13,No.1,March,2016.
  2.  
  3. 2. 人間共存型ロボットの腰部と衝撃緩和機構の開発,日本機械学会論文集,Vol.82,
      No.834 (2016-2).
  4.  
  5. 3. Joint Mechanism That Mimics Elastic Characteristics in Human Running,
      Machines,Vol. 4,No.1(5),Jan. 2016.

氏名 島 健 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3802
研究室HP 部屋番号 23-614
研究分野 電子回路工学
所属学協会 電気学会,電子情報通信学会,IEEE

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. CMOSアナログ集積回路(初期視覚モデルの応用による時間ディジタル変換回路)
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Noise Reduction Technique of Switched-Capacitor Low-Pass Filter Using Adaptive
      Configuration, 電子情報通信学会論文誌, Vol.E99-A, No.2, 2016
  2.  
  3. 2. A High Resolution Time-to-Digital Converter Utilizing Coupled Oscillator, ORIGAMI,
      Proc. of IEEE ECCTD, 2015.
  4.  
  5. 3. Design of Low-Noise Switched-Capacitor Low-Pass Filters with Adaptive
      Configuration,Proc. of IEEE ECCTD, 2015.
  6.  
  7. 4. 双方向結合による配列型CMOSリング発振器の提案,電気学会論文誌C,Vol.131, 2011.

氏名 陳 春平 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3761
研究室HP 部屋番号 23-513
研究分野 マイクロ波平面回路の設計,材料特性の測定
(キーワード:マイクロ波平面回路,電子材料の材料定数の測定,EMC技術)
所属学協会 電子情報通信学会,電気学会,IEEE

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 次世代無線通信用超広帯域小型バンドパスフィルタの合成・設計理論に関する研究
  2.  
  3. 2. EMC/EMIにおける電磁波材料の電磁パラメータの高精度評価に関する研究
  4.  
  5. 3. 無線通信技術に支える電子材料の誘電率における高精度評価に関する研究
  6.  
  7. 4. 高周波回路における電磁界可視化・電磁界測定に関する研究
  8.  
  9. 5. THz(テラヘルツ)帯域における次世代通信用新デバイスの設計新理論・開発に関する
      研究
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Theoretical Design of High-performance Microstrip Ultra-wideband Bandpass Filter
      with Controllable Transmission Zeros, IEEJ Transactions on Electrical and
      Electronic Engineering, Vol.6, (S1), pp. 27-33 ,Feb. 2011.
  2.  
  3. 2. Design of Pseudo-Elliptical Wideband Bandpass Filter Using Stub Loaded
      Short-Circuited Parallel-Coupled Three-Line Units, IEICE transaction C,
      Vol.E93-C,No.7,pp.1022-1031,Jul. 2010.
  4.  
  5. 3. 小型電磁界プローブを用いたマイクロ波平面回路上の近傍電磁界測定,
      電子情報通信学会論文誌C,Vol.J92-C,No.12  pp.818-822,2009(12月)

氏名 土屋 健伸 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3796
研究室HP 部屋番号 23-515
研究分野 音響・超音波を用いた応用計測
所属学協会 日本音響学会,日本超音波医学会,海洋音響学会,電子情報通信学会,Acoustical Society of America

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 音響・超音波を用いた人と環境に優しい計測技術の開発
  2.  
  3. 2. 人体内部の可視化する音波伝搬の精密解析法の開発に関する研究
  4.  
  5. 3. 海洋環境を計測する音波伝搬に関する研究
  6.  
  7. 4. 海水中の物体を可視化する音響カメラの開発に関する研究
  8.  
  9. 5. イルカなどの水中生物の鳴音の伝搬に関する研究
  10.  
  11. 6. 並列演算を用いた音波伝搬手法の開発に関する研究
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Numerical Analysis of Pulse Wave Propagation in Lutzow-Holm Bay of the Antarctic
      Ocean Calculated by the Parabolic Equation Method, JJAP,
      Vol.49(7B) 07HG14(6pages) (2010) accepted.
  2.  
  3. 2. Comparison of Sound Pressure Distribution Determined by Numerical Analysis and
      Scaled-Up Experiment for Small Ultrasonic Probe with Lens, JJAP,
      Vol.48(7B),07GK10(5pages), (2009).
  4.  
  5. 3. 放物型方程式法に基づく海洋音波伝搬解析手法の開発,海洋音響学会誌, 35巻 4号,
      pp. 255-267 (2008).
  6.  
  7. 4. Received Pulse from Aerial Ultrasonic Sensor Affected by Temperature and Relative
      Humidity,JJAP, Vol.42-5B (2003)
  8.  
  9. 5. Elastic Parabolic Equation for Sound Propagation in shallow Water Overlying
      an Elastic Bottom Using Complex Pade pproximation JJAP, Vol.41-5B, (2002).
  10.  
  11. 6. Estimation of Receiving Waveform of Aerial Back Sonar Calcutated by
      Finite Difference Time Domain Method, JJAP, Vol.41-5B,(2002).

氏名 引地 史郎 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3890
研究室HP 引地研究室
(バイオミメティック錯体機能化学研究室)
部屋番号 23-822-1
研究分野 錯体化学,生物無機化学,触媒化学
所属学協会 日本化学会,アメリカ化学会,触媒学会,錯体化学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 金属酵素の反応機構解明とその仕組みを利用した機能性金属錯体の開発
  2.  
  3. 2. 遷移金属による酸素活性化機構の解明と酸化触媒への応用
  4.  
  5. 3. 配位化学に基づく新規機能性物質の開発
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Immobilization of a Boron Center-Functionalized Scorpionate Ligand on
      Mesoporous Silica Supports for Heterogeneous Tp-Based Catalysts”,
      ACS Omega, 2, 1025–1030 (2017).
  2.  
  3. 2. “Synthesis, Characterization and Aerobic Alcohol Oxidation Catalysis of
      Palladium(II) Complexes with a Bis(imidazolyl)borate ligand”,
      Eur. J. Inorg. Chem., 2016, 2603–2608 (2016).
  4.  
  5. 3. “Characterization of Mononuclear Non-heme Iron(III)-Superoxo Complex
      with a Five-Azole Ligand Set”, Angew. Chem. Int. Ed., 54, 7336–7339 (2015).

氏名 岡田 正弘 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3853
研究室HP 岡田研究室
(生物活性物質化学研究室)
部屋番号 23-727-1
研究分野 天然物化学,生物有機化学
所属学協会 日本農芸化学会,日本化学会,日本生薬学会,日本薬学会,アメリカ化学会,有機合成化学協会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 生理活性を有する天然有機化合物の探索,合成,生合成,機能解明
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Combinatorial biosynthesis of (+)-daurichromenic acid and its halogenated
      analogue”, M. Okada, K. Saito, C. P. Wong, C. Li, D. Wang, M. Iijima, F. Taura,
      F. Kurosaki, T. Awakawa, I. Abe, Org. Lett., 19, 3183-3186, 2017.
  2.  
  3. 2. “Total syntheses of coronatines by exo-selective Diels–Alder reaction and
      their biological activities on stomatal opening”, M. Okada, S. Ito, A. Matsubara,
      I. Iwakura, S. Egoshi, M. Ueda, Org. Biomol. Chem., 7, 3065-3073, 2009.
  4.  
  5. 3. “Structure of the Bacillus subtilis quorum-sensing peptide pheromone ComX”,
      M. Okada, I. Sato, S. J. Cho, H. Iwata, T. Nishio, D. Dubnau, Y. Sakagami,
      Nature Chem. Biology, 1, 23–24, 2005.

氏名 岡本 専太郎 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3856
研究室HP 岡本研究室
(有機反応デザイン研究室)
部屋番号 23-731-1
研究分野 有機合成化学,有機金属化学,医農薬・有機材料
所属学協会 日本化学会,有機合成化学協会,近畿化学協会,高分子学会,アメリカ化学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 金属を触媒や反応剤として使う有機分子の効率的変換反応の開発
  2.  
  3. 2. 新薬剤開発を目指す生物活性化合物の設計と合成
  4.  
  5. 3. 有機分子材料の創製に向けた新コンセプトの提案と実現
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Silica-Supported Silver as a Green and Sustainable Catalyst for the
      [3+2]-Cycloaddition Reaction of Azomethine Ylides with 2'-Hydroxychalcone
      Derivatives”, ChemCatChem, 2018, in press.
  2.  
  3. 2. "Low−valent titanium−catalyzed deprotection of allyl- and propargyl-carbamates
      to amines”, Tetrahedron Letters, 2016, 57, 2074-2077.
  4.  
  5. 3. "Iron-Catalyzed Reductive Metalation–Allylation and Metalative Cyclization of
      2,3-Disubstituted Oxetanes and Their Stereoselectivity”, Synthesis, 2016, 48,
      2823-2828.

氏名 小野 晶 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3887
研究室HP 小野研究室
(遺伝子有機化学教室)
部屋番号 23-818-1
研究分野 有機化学,生物有機化学,核酸化学
所属学協会 日本化学会,日本薬学会,有機合成化学協会,分子生物学会,日本分析化学会,高分子学会,ナノ学会,NMR 学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 癌やウイルス病に有効な核酸医薬の開発研究
  2.  
  3. 2. ウイルスのRNAを検出する手法の開発研究
  4.  
  5. 3. 環境中の毒性Hg(II)イオンを検出・除去する手法の開発
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Metal ion-binding properties of DNA duplexes containing thiopyrimidine base
      pairs”Chem. Commun., 2012, 48, 4347-4349.
  2.  
  3. 2. “Binding of metal ions by pyrimidine base pairs in DNA duplexes” 
      Chem. Soc. Rev., 2011, 40, 5855-5866.
  4.  
  5. 3. “Synthesis of covalently linked parallel and antiparallel DNA duplexes containing
      the metal-mediated base pairs T-Hg(II)-T and C-Ag(I)-C” Chem. Comm.,
      2011, 47, 1542-1544.

氏名 高野倉 雅人 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3112
研究室HP 高野倉研究室 部屋番号 5-220-1
研究分野 人間工学,人間中心設計,サービスシステム
所属学協会 日本経営工学会,日本人間工学会,バイオメカニズム学会,日本福祉工学会,他

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 高齢者や障がい者の生活の質(QoL)を高める製品設計
  2.  
  3. 2. ヘルスケア・デリバリーシステムの構築とマネジメント
  4.  
  5. 3. 人間要素に配慮した生産システムの構築
  6.  
  7. 4. ハラール食品サプライチェーンに関する研究
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. M. Takanokura, et al., "Posture-Based Ergonomic Risk Assessment for Physical
      Workload Improvement: Case Study for an Assembly Line", Journal of
      Japan Industrial Management Association, Vol. 67, No. 4E, pp.161-168, 2017
  2.  
  3. 2. M. Takanokura, T. Yamada, M. Kawakami, S. Taki, M. Kakehi, "Visualization of
      a Healthcare Service by Physical Activity of Workers’ Tasks at a Long-term
      Care Nursing Home", Innovation and Supply Chain Management, Vol.10 No.2,
      pp.71-77, 2016
  4.  
  5. 3. 髙野倉雅人,三田博也,峯垣淳平,戸塚健一,ロボット技術搭載歩行車による
      歩行アシスト効果,日本経営工学会論文誌,67巻3号, pp.261-271,2016
  6.  
  7. 4. 髙野倉雅人,他,介護老人福祉施設における介護業務の調査方法と作業改善に
      関する事例研究,日本設備管理学会誌,28巻2号, pp.67-74,2016

氏名 宇佐見 義之 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3300,3219
研究室HP 部屋番号 5-422
研究分野 数理生物学
所属学協会 日本物理学会,人工知能学会,数理生物学懇談会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 1. 生物の形の進化
▼ 最近の研究成果
  1. 1. Usami Y., “Reconstruction of Extinct Animals in the Comuter II”, Trans. M.R.S.J
      (2001) 28.461-464.
  2.  
  3. 2. 宇佐見義之, “古代の生態系をCGで再現する", (”生物の形の多様性と進化”,
      関村利朗編,裳華房,2003年).
  4.  
  5. 3. 宇佐見義之, “生物の形の進化”, 日本科学未来館VRシアター, 2002年9月より.上映中

氏名 岩倉 いずみ 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3843
研究室HP 岩倉研究室 部屋番号 23-716
研究分野 反応機構解析・レーザー化学・計算化学
所属学協会 日本化学会,有機合成化学協会,光化学協会

▼ 各研究室の研究内容
  1. 1. 極限的超短パルスレーザー光を用いる反応遷移状態の光計測
  2.  
  3. 2. 高強度・超短パルスレーザー光を用いる新反応開発
▼ 最近の研究成果
  1. 1. Development of Novel Reactions Induced by Coherent Molecular Vibrational
      Excitation and Direct Observation of Molecular Structural Change during “
      Thermal” Reactions, I. Iwakura*, and A. Yabushita, Bulletin of the Chemical
      Society of Japan, 89, 296-307 (2016).
  2.  
  3. 2. Real-time measurements of ultrafast electronic dynamics in the disproportionation
      of [TCNQ]22– using a visible sub-10 fs pulse laser, S. Hashimoto, A. Yabushita,
      T. Kobayashi, and I. Iwakura* Chemical Physics Letters, 650, 47-51 (2016).
  4.  
  5. 3. The experimental visualization of molecular structural changes during both
      photochemical and thermal reactions by real-time vibrational spectroscopy,
      I. Iwakura, Physical Chemistry Chemical Physics, 13, 5546-5555 (2011).
▼ 研究,受賞関連
  1. 1. 2015年5月 第20回日本女性科学者の会 奨励賞
      『遷移状態を含む光反応・熱反応過程の直接観測に基づく反応機構解明』
  2.  
  3. 2. 2015年3月 日本化学会第64回 進歩賞
      『コヒーレント分子振動励起による新規反応の開発と熱反応に伴う分子構造変化の
      直接観測』
  4.  
  5. 3. 2012年3月 第5回 資生堂女性研究者サイエンスグラント
      『金属錯体反応における項間交差の解析』

氏名 亀山 敦 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3837
研究室HP 亀山研究室 部屋番号 23-709
研究分野 有機化学,高分子化学,機能化学
所属学協会 日本化学会,高分子学会,日本油化学会,電気化学会,日本接着学会,有機合成化学協会,アメリカ化学会

▼ 各研究室の研究内容
  1. 1. 新奇ブロックコポリマーの合成, 自己組織化および機能
  2.  
  3. 2. 光機能性材料
  4.  
  5. 3. 刺激応答性分子集合体
▼ 最近の研究成果
  1. 1. K. Tsuchiya, H. Arai, Y. Ishida, A. Kameyama, “Dynamic Network Formation of
      POSS-Pendanted Polymer via Cage Scrambling Mediated by Fluoride Ion”,
      Macromolecules 2015, 48, 1636-1643.
  2.  
  3. 2. T. Sato, Y. Ishida, and A. Kameyama, “RAFT homopolymerization of vinylbenzyl
      chloride (VBC) with benzyl ethyl trithiocarbonate and synthesis of block
      copolymers from poly(VBC) macro-RAFT agent and N-isopropylacrylamide”,
      Polymer Journal 2014, 46, 239-242.
  4.  
  5. 3. M. Miyasaka, A. Higurashi, and A. Kameyama,” Refractive Index Changes in
      Polymers Bearing Pendant Active Ester Groups by Thermal Rearrangement
      Reaction”, Chemistry Letters 2011, 40,1363-1365.

氏名 朝倉 史明 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3346
研究室HP 部屋番号 6-304
研究分野 植物遺伝学,植物育種学
所属学協会 日本遺伝学会,日本育種学会,日本生物教育学会

▼ 各研究室の研究内容
  1. 1. 植物におけるトランスポゾンの研究
  2.  
  3. 2. コムギの系統分化についての研究
▼ 最近の研究成果
  1. 1. Asakura N. et al. Comparative nucleotide sequence analysis of the D genome-
      specific sequence-tagged-site locus A1 in Triticum aestivum and its implication
      for the origin of subspecies sphaerococcum. Breed. Sci. (2011) 61, 212-216.
  2.  
  3. 2. Asakura N. et al. Genotyping of the Q locus in wheat by a simple PCR-RFLP
      method. Genes Genet. Syst. (2009) 84, 233-237.
  4.  
  5. 3. Asakura N. et al. Sequence diversity and copy number variation of Mutator-like
      transposases in wheat. Genet. Mol. Biol. (2008) 31, 539-546.

氏名 中川 理絵 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3342
研究室HP 部屋番号 6-303
研究分野 植物生理学,植物遺伝学
所属学協会 日本植物生理学会,日本育種学会

▼ 各研究室の研究内容
  1. 1. 植物におけるオーキシンの生理作用の研究
  2.  
  3. 2. 植物における花成メカニズムの研究
▼ 最近の研究成果
  1. 1. Kikuchi R. et al. (2012) The differential expression of HvCO9, a member of
      the CONSTANS-like gene family, contributes to the control of flowering
      under short-day conditions in barley. Journal of Experimental Botany 63: 773-784.
  2.  
  3. 2. Kikuchi R. et al. (2009) Molecular and functional characterization of PEBP genes in
      barley (Hordeum vulgare L.) reveal the diversification of their roles in flowering.
      Plant Physiology 149: 1341-1353.
  4.  
  5. 3. Kikuchi R. et al. (2008) PnMADS1, encoding as StMADS11-clade protein, acts as a
      repressor of flowering in Pharbitis nil. Physiologia Plantarum 133: 786-793


<コンピュータ応用>

氏名 中西 裕二 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3121,3120
研究室HP 中西裕二 部屋番号 5-225,5-222
研究分野 流体工学,数値流体力学
所属学協会 日本機械学会,ターボ機械協会,International Association for Hydro-Environment Engineering and Research,日本流体力学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 自由表面を有する流れの数値シミュレーション
  2.  
  3. 2. 水力発電及び潮流発電に関する研究
  4.  
  5. 3. ハイブリッドロケットエンジン内流れの数値シミュレーション
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Non-Contact Measurements of Water Jet Spreading Width with a Laser Instrument,
      Journal of Thermal Science, Vol.25, No.4, pp.349-354 (2016-7).
  2.  
  3. 2. New JSME Standard S008 Performance Conversion Method for Hydraulic Turbines
      and Pump-Turbines, IOP Conf. Series: Earth and Environmental Science, Vol.49,
      062023(2016-7).
  4.  
  5. 3. Counter-Rotating Turbine in Unique Power Unit Provided for Bidirectional Tidal
      Streams, 12th ISOPE Pacific-Asia Offshore Mechanics Symposium, P16-097
      (2016-10).

氏名 木下 宏揚 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3815
研究室HP 部屋番号 23-626
研究分野 情報セキュリティ
所属学協会 電子情報通信学会,情報処理学会,映像情報メディア学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. アクセス制御モデル,電子透かし,ネットワークセキュリティ,個人情報保護,
      電子商取引
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. グラフの同型判定のゼロ知識相互証明を用いたオンライン検証型電子透かしシステム,
      情報処理学会論文誌,Vol.42,No.5,pp.1263-1271(2001)
  2.  
  3. 2. An Image Encryption System for MPEG with Control of the Concealment , 1997
      Picture Coding Symposium, PCS97-P2.2, pp.171-176 (1997)
  4.  
  5. 3. 情報処理工学,コロナ社(2001)

氏名 松澤 和光 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3813
研究室HP 部屋番号 23-624
研究分野 人工知能,自然言語処理
所属学協会 電子情報通信学会,情報処理学会,人工知能学会,言語処理学会,日本知能情報ファジィ学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 人間のコミュニケーション,ことばや知能に関する技術・システム・サービスの研究
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. 国語辞書を利用した日常語の類似性判別,笠原要,松澤和光,石川勉,情処論,
      Vol.38,No.7,pp1272-1283,1997.7
  2.  
  3. 2. K. Fujimoto and K. Matsuzawa: Intelligent Systems Using Web-pages
      As Knowledge Base for Statistical Decision Making, New Generation
      Computing,Vol.17,No.4,pp349-358,1999.4
  4.  
  5. 3. 複合語内単語共起による名詞の類似性判別,稲子希望,笠原要,松澤和光,
      情処論,Vol.41,No.8,2000.8

氏名 能登 正人 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3804
研究室HP 部屋番号 23-616
研究分野 知能情報学,システム情報工学,人工知能
所属学協会 情報処理学会,電子情報通信学会,人工知能学会,日本ソフトウェア科学会,日本知能情報ファジィ学会,電気学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. エージェントの基礎理論および応用に関する研究
  2.  
  3. 2. 知的情報処理技術に関する研究
  4.  
  5. 3. モノのインターネットに関する研究
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Distance Based Multiple Swarms Formation Method in Particle Swarm Optimization,
      Proc. of 2016 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,
      pp.1573-1578 (2016).
  2.  
  3. 2. Agent-based Social Simulation Model for Analyzing Human Behaviors using
      Particle Swarm Optimization, International Journal of Computer and Information
      Technology, Vol.2, No.5, pp.850?859 (2013).
  4.  
  5. 3. Optimal Sink Node Allocation for Balancing Communication Load in a Wireless
      Sensor Network, International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems,
      Vol.6, No.4, pp.1533?1558 (2013).

氏名 齊藤 隆弘 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3803
研究室HP 部屋番号 23-615
研究分野 画像情報工学,通信工学
所属学協会 電子情報通信学会,映像情報メディア学会,情報処理学会,電気学会,日本ME学会,情報理論とその応用学会,IEEE

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 劣化映像のディジタル修復
  2.  
  3. 2. 超高精細動画像入力
  4.  
  5. 3. 実写画像からのシーンの三次元構造化
  6.  
  7. 4. 画像の高能率符号化
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. 直交基底空間上の軌跡によるHTRFのクラスタリングと評価,映像情報メディア学会誌
      56,11,pp.1759-1768 (2002-11)
  2.  
  3. 2. 連立非線形拡散・反作用型時間発展方程式に基づく画像の選択的鮮鋭度改善と
      その動画像ブリージングひずみの抑制への応用,電子情報通信学会論文誌A,
      J85-A,10,pp.1100-1114(2002-10)
  4.  
  5. 3. Statistically Optimal Control of a Blending-Type Filter with Application to Old Film
      Restoration, Proc. European Signal Processing Conference, III, pp.243-246
      (2002-09).

氏名 豊嶋 久道 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3814
研究室HP 部屋番号 23-625
研究分野 ディジタル信号処理
所属学協会 電子情報通信学会,情報処理学会,IEEE等

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 進化論的アルゴリズムによるディジタル信号処理回路の設計
  2.  
  3. 2. 組合せ最適化アルゴリズムの超並列化やハードウェア化
  4.  
  5. 3. 金融工学,ファイナンシャル信号処理,人工市場に関する研究
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. "Computationally Efficient Implementation of Hypercomplex Digital Filters",IEICE
      Trans. Fundamentals, E85-A, 8, pp. 1870-1876, Aug. 2002.
  2.  
  3. 2. "Automatic Synthesis of Multiple Constant Multiplication Circuits Using
      Genetic Algorithms",Proc. 9th Int. Symp., Integrated Circuits, Devices & Systems,
      pp.476-479, Sep. 2001.
  4.  
  5. 3. "ディジタル回路設計入門", 培風館 (2000).

氏名 秋吉 政徳 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3775
研究室HP 部屋番号 23-528
研究分野 知能情報学,システム工学
所属学協会 IEEE,人工知能学会,電気学会,情報処理学会,サービス学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 組織学習フレームワーク
  2.  
  3. 2. クラウド環境におけるe-Learningシステム
  4.  
  5. 3. 群れ行動の解析・モデル・応用
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. 川口英俊, 秋吉政徳, 包絡分析法に関わる実践的な学習ケース自動生成方式,
      電気学会論文誌C, Vol.136, No.3, pp.318-326 (2016)
  2.  
  3. 2. H. Murakami, et.al., Inherent noise appears as a Lévy walk in fish schools,
      Scientific Reports, Vol. 5, 10605 (2015)
  4.  
  5. 3. H. Murakami, et.al., Collective behavior of soldier crab swarm in both ring- and
      round-shaped arenas, Artificial Life Robotics, Vol. 20,pp. 315–319 (2015)
  6.  
  7. 4. M. Akiyoshi, et al., An anomaly detection method on Web-based system by trend
      analysis with autoregressive model, IEEJ Transactions on Electronics, Information
      and Systems, vol. 133(7), pp. 1410–1416(2014)
  8.  
  9. 5. H. Murakami, et.al., Emergent runaway into an avoidance area in a swarm of
      soldier crabs, PLoS ONE, 9(5), e97870 (2014)
  10.  
  11. 6. M. Akiyoshi, et al., Reference operation generation method on project manager
      skill-up simulator, Communications in Computer and Information Science,
      Vol. 415, pp. 297–307 (2013)
  12.  
  13. 7. M. Akiyoshi, et al., A predictive search method for FAQ-based question answering
      system,International Journal of Artificial Intelligence, Vol. 11, No. A13,
      pp.103-114 (2013)
  14.  
  15. 8. 中島大輔, 鮫島正樹, 秋吉政徳, 佐々木良一, リスク対策案組合せ合意のための
      相互作用分析による調整パラメータ提示方式,電気学会論文誌C, Vol.132, No.6,
      pp.1041-1049 (2012)

氏名 藤岡 淳 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3393
研究室HP 部屋番号 6-417
研究分野 暗号理論,計算量理論
所属学協会 電子情報通信学会,情報処理学会,国際暗号学会(IACR)

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 暗号理論を中心としたアルゴリズムに関する理論研究
  2.  
  3. 2. 通信や計算の信頼性を確保するためのシステム研究
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. A. Fujioka, et al.: Strongly secure authenticated key exchange from factoring,
      codes, and lattices. Designs, Codes and Cryptography.76(1), 469-504 (Sep., 2015).
  2.  
  3. 2. A. Fujioka, et al.: Secure Hierarchical Identity-Based Identification without
      Random Oracles. IEICE Transactions on Fundamentals. E97-A(6), 1307-1317
      (June, 2014).
  4.  
  5. 3. A. Fujioka, et al.: Non-malleable Multiple Public-Key Encryption. IEICE Transactions
      on Fundamentals. E97-A(6), 1318-1334 (June, 2014).
  6.  
  7. 4. T. Nozaki, et al.: Message Passing Decoder with Decoding on Zigzag Cycles for
      Non-binary LDPC Codes. IEICE Transactions on Fundamentals. E97-A(4),
      975-984 (Apr., 2014).
  8.  
  9. 5. T. Nozaki, et al.: Weight Distribution for Non-binary Cluster LDPC Code Ensemble.
      IEICE Transactions on Fundamentals. E96-A(12), 2382-2390, (Dec., 2013).
  10.  
  11. 6. A. Fujioka: Characterization of Strongly Secure Authenticated Key Exchanges
      without NAXOS Technique. IEICE Transactions on Fundamentals. E96-A(6),
      1088-1099 (June, 2013).
  12.  
  13. 7. A. Fujioka, et al.: id-eCK Secure ID-based Authenticated Key Exchange on
      Symmetric Pairing and its Extension to Asymmetric Case. IEICE Transactions on
      Fundamentals. E96-A(6), 1139-1155 (June, 2013).

氏名 今井 崇雅 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3725
研究室HP 今井 崇雅 部屋番号 23-417
研究分野 通信・ネットワーク工学
所属学協会 電子情報通信学会(IEICE),米国電気電子学会(IEEE),応用物理学会(JSAP).米国光学会(OSA)

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. ブロードバンド・ネットワーク(インターネット,ホームネットワーク)
  2.  
  3. 2. 高速モバイル通信(スマートホン,無線LAN)
  4.  
  5. 3. 災害や障害に強いネットワーク
  6.  
  7. 4. 多数の機器が発信するセンサネットワーク
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Taniguchi, N. Sakurai, K. Kumozaki and T. Imai, "Full-duplex 1.0Gbit/s data
      transmission over 60 GHz radio-on-fiber access system based on the
      loop-back optical heterodyne technique", Journal of Lightwave Technol.,
      Vol. 26, No. 13, pp.1765-1776, July 1, (2008).
  2.  
  3. 2. M. Yoshino, S. Kaneko, T. Taniguchi, N. Miki, K. Kumozaki, T. Imai, N. Yoshimoto,
      and M. Tsubokawa, "Beat Noise Mitigation of Spectral Amplitude Coding OCDMA
      Using Heterodyne Detection", Journal of Lightwave Technol., Vol. 26, No. 8,
      pp. 962-970, April 15, (2008).
  4.  
  5. 3. S. Nishihara, S. Kimura, T. Toshida, M. Nakamura, J. Terada, K. Nishimura,
      K. Kishine, K. Kato, Y. Ohtomo, N. Yoshimoto, T. Imai and M. Tsubokawa,
      "A burst-mode 3R receiver for 10-Gbit/s PON system with high sensitivity,
      wide dynamic range, and fast response", Journal of Lightwave Technol.,
      Vol. 26, No. 1, pp. 99-107., Jan., (2008).
  6.  
  7. 4. T. Imai, “Key technologies for evolving optical access networks”, Asia-Pacific
      Optical Communications, Tech. Dig. 6784-59, Wuhan, China, Nov.. 1-5, (2007).
  8.  
  9. 5. H. Suzuki, M. Fujiwara, T. Suzuki, N. Yoshimoto, K. Iwatsuki, and T. Imai,
      "Colorless and plug-and-play technologies for WDM access over existing
      power-splitter-based infrastructure," Optical Society of America, Journal of
      Optical Networking, Vol. 6, No. 7, 830-839, July, (2007).
  10.  
  11. 6. T. Taniguchi, N. Sakurai, K. Kumozaki and T. Imai, "Loop-Back Optical Heterodyne
      Technique for 1.0 Gbit/s data transmission over 60 GHz Radio-On-Fiber Uplink,
      " IEEE J. Lightwave Technol., Vol. 25, No. 6, pp.1484-1494, June, (2007).

氏名 森田 光 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3720
研究室HP 部屋番号 23-412
研究分野 情報セキュリティ
所属学協会 電子情報通信学会(IEICE),米国電気電子学会(IEEE),情報処理学会(IPSJ),日本社会情報学会(JASI),米国計算機学会(ACM)

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 基礎的計算機実験による評価研究:ハッシュ関数衝突実験評価,暗号解読実験評価
  2.  
  3. 2. 応用システム構築のための暗号プロトコル研究:マイクロペイメント方式,等
  4.  
  5. 3. 情報システム構築の実装研究:購買システム,電子オークションシステム,等
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Koji Chida, Kunio Kobayashi and Hikaru Morita: "An Auction Protocol Preserving
      Privacy of Losing Bids with A Secure Value Comparison Scheme,'' IEICE Trans.
      Fundamentals, Vol. E87-A, No.1, pp. 173-181, Jan. 2004.
  2.  
  3. 2. 藤村明子, 鈴木幸太郎, 森田光: "内部告発制度の法制化を考慮した匿名情報提供方式,
      " 情報ネットワーク・ローレビュー, Vol. 2, pp 29-43, 情報ネットワーク法学会,
      Nov. 2003.
  4.  
  5. 3. Kunio Kobayashi, Hikaru Morita and Mitsuari Hakuta: "Mutiple Scalar-multiplication
      Algorithm over Elliptic Curve," IEICE Trans. Inf. & Syst., Vol. E84-D, No.2,
      pp. 271-276, Feb. 2001.
  6.  
  7. 4. Shin'ichiro Matsuo and Hikaru Morita: "Secure Protocol to Construct Electronic
      Trading," IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E84-A, No.1, pp. 281-288, Jan. 2001.
  8.  
  9. 5. Kunio Kobayashi, Hikaru Morita, Koutarou Suzuki and Mitsuari Hakuta:
      "Efficient Sealed-bid Auction by Using One-way Functions," IEICE Trans.
      Fundamentals, Vol. E84-A, No.1, pp. 289-294, Jan. 2001.
  10.  
  11. 6. Kunio Kobayashi, Hikaru Morita, Mitsuari Hakuta and Takanori Nakanowatari:
      "An Electronic Soccer Lottery System that Uses Bit Commitment,"
      IEICE Trans. Inf. & Syst. , Vol. E83-D, No.5, pp. 980-987, May 2000.
  12.  
  13. 7. Hikaru Morita, Hideki Odagi and Kazuo Ohta: "Collision Search of a Hash Function
      by Using Random Mapping," IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E81-A, No. 1,
      pp. 35-40, Jan. 1998.
  14.  
  15. 8. Hikaru Morita and Kazuo Ohta: "New Proposal and Comparison of Closure
      Tests - More Efficient than the CRYPTO'92 Test for DES," IEICE Trans.
      Fundamentals, Vol. E77-A, No. 1, pp. 15-19, Jan. 1994.
  16.  
  17. 9. Hikaru Morita and Chung-Huang Yang: "Lookahead Determination for
      Modular Multiplication," IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E76-A, No. 1,
      pp. 70-77, Jan. 1993.
  18.  
  19. 10. Hikaru Morita and Kazuo Ohta: "A Switching Closure Test to Analyzes
      Cryptosystems," IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E75-A, No. 4, pp. 498-503,
      April 1992.

氏名 西澤 弘毅 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3378
研究室HP 部屋番号 6-418
研究分野 計算機科学,論理学,代数学
所属学協会 日本ソフトウェア科学会,国際数理科学協会,日本数学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 情報システムの形式的検証
  2.  
  3. 2. 代数系の圏論的分析
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Hitoshi Furusawa and Koki Nishizawa, "Multirelational representation theorems for
      complete idempotent left semirings". Journal of Logical and Algebraic Methods
      in Programming, 84, 426-439, 2015.
  2.  
  3. 2. Koki Nishizawa and Hitoshi Furusawa,"A Sufficient Condition for Liftable
      Adjunctions between Eilenberg-Moore Categories".14th International
      Conference on Relational and Algebraic Methods in Computer Science
      (RAMiCS 2014), Lecture Notes in Computer Science 8428, pages 261--276, 2014.
  4.  
  5. 3. Koki Nishizawa and Hitoshi Furusawa,"Relational Representation Theorem for
      Powerset Quantales", Relational and Algebraic Methods in Computer Science
      (RAMiCS 2012), LNCS 7560, pp.207-218, (2012).
  6.  
  7. 4. Koki Nishizawa and Hitoshi Furusawa,"Ideal Completion of Join Semilattices over
      T-Algebra", Bulletin of Tottori University of Environmental Studies, vol. 9 and 10,
      pp.91-103, (2012).
  8.  
  9. 5. Hitoshi Furusawa and Koki Nishizawa,"Relational and Multirelational Representation
      Theorems for Complete Idempotent Left Semirings", 12th International Conference
      on Relational and Algebraic Methods in Computer Science (RAMiCS 2011),
      LNCS 6663,pp.148-163, (2011).

氏名 瀬古沢 照治 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3728
研究室HP 部屋番号 23-420
研究分野 社会システム工学,ユビキタス情報社会システム,情報数理システム,自動車制御
所属学協会 計測自動制御学会,電気学会, 情報処理学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. ユビキタス社会情報システム
  2.  
  3. 2. 経営意思決定システムおよび金融工学システム
  4.  
  5. 3. 社会基盤(交通,道路,鉄道,電力,水道)の設備計画,運用制御システム
  6.  
  7. 4. 環境情報システムおよび自動車制御他
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. 瀬古沢照治,他:ゲーム論的リアルオプションによる3社間の特許取得競争評価,
      電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol.135,No.2,pp.204-214,
      (2015-2)
  2.  
  3. 2. 小澤幸夫,他:看護師のキャリアパス別の必要スキルとコア能力に関する調査研究,
      人間工学,Vol.50,No6,pp359-367,(2014-12)
  4.  
  5. 3. Teruji Sekozawa, et al.: Demand estimation method using reverse pipe network
      analysis in water supply network, International Journal of Systems Applications,
      Engineering & Development, Volume 8, pp.292-300, (2014-11)
  6.  
  7. 4. 瀬古沢照治,他:自己最良解の分布情報を活用した粒子群分化型Particle Swarm
      Optimization による複数解探索手法,電気学会論文誌C(電子・情報・システム
      部門誌),Vol.134,No.9,pp.1373-1383,(2014-9)
  8.  
  9. 5. 瀬古沢照治,他:電気自動車による最多点巡回問題と解法の提案,電気学会論文誌C
      (電子・情報・システム部門誌),Vol.134,No.6,pp.773-779,(2014-6)
  10.  
  11. 6. Teruji Sekozawa, et al.: New method calculating water residence time for
      trihalomethane in a water supply network , International Journal of
      Systems Applications, Engineering & Development, Issue 3, Volume 7,
      pp113-121, (2013-10)
  12.  
  13. 7. Teruji Sekozawa, : Overlapping Control System for Water Distribution Network,
      International Journal of Systems Applications, Engineering & Development,
      Issue 2, Volume 7, pp.77-86, (2013-5)
  14.  
  15. 8. Teruji Sekozawa, A Technique for Diagnosing Abnormalities in Intermittent Sound
      Emission Mechanisms Based on Dynamic Programming Matching, WSEAS
      Transactions on systems, Issue3, Volume 12, pp.131-141, (2013-3)
  16.  
  17. 9. 小澤幸夫,他:中堅看護師のスキル修得プロセスに関する調査研究,人間工学,
      Vol.48,No6,pp313-323,(2012-12)
  18.  
  19. 10. Teruji Sekozawa, :Three Proposals of Real Options to Investment Valuation for
      Enterprise Resource Planning Systems , WSEAS Transactions on systems,
      Issue 2, Volume 11, pp.50-61, (2012-6)
  20.  
  21. 11. 瀬古沢照治,他:エネルギー資源の備蓄運用オプション,電気学会論文誌C
      (電子・情報・システム部門誌),Vol.132,No.4,pp.540-547,(2012-4)

氏名 進藤 晋 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3731
研究室HP 部屋番号 23-424
研究分野 数理計画,金融工学
所属学協会 日本OR学会,SIAM,日本数学会,日本応用数理学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. オペレーションズ・リサーチを中心とした経営科学に関する研究
  2.  
  3. 2. 最適化問題の解法と応用
  4.  
  5. 3. 待ち行列の解析と応用
  6.  
  7. 4. 金融工学
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. 進藤晋,「線形計画法を用いたAmerican Put Optionの価格付け」,日本ロジスティクス
      システム学会誌, Vol.3, No.2, 3-5 (2003)
  2.  
  3. 2. 進藤晋,「非線形相補性問題に対する準ニュートン法」,電子情報通信学会論文誌A,
      Vol.J84-A, No.6, 818-826(2001)
  4.  
  5. 3. 進藤晋,「非線形相補性問題に対するニュートン法」,日本ロジスティクス
      システム学会誌, Vol.1, No.2, 85-92 (2000)

氏名 杉本 剛 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3778
研究室HP 杉本 剛 部屋番号 23-531
研究分野 応用数学,理論力学,創造性教育
所属学協会 SIAM,AIAA,Euromech,SMB,OSNZ,日本流体力学会,形の科学会,日本科学史学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 創造性に関する基礎研究
  2.  
  3. 2. 形の科学
  4.  
  5. 3. 数理生物学
  6.  
  7. 4. 流体力学
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. T. Sugimoto, Newton's Principia Revisited: the New Passage to the Solution of
      the Direct Kepler Problem, Proc. Acad. Mech. Jpn, 1, pp.17-27 (2015).
  2.  
  3. 2. S. Yamaguchi, Y. Iwasa. Phenotype adjustment promotes adaptive evolution
      in a game without conflict. Theo. Popul. Biol., 102, pp. 16-25 (2015).
  4.  
  5. 3. T. Sugimoto, The Historic Japanese Visitors to St Helena, Wirebird, 43,
      pp.21-33 (2014).
  6.  
  7. 4. S. Yamaguchi, et al., Evolution of sex determination and sexually dimorphic larval
      sizes in parasitic barnacles, J. Theo. Biol., 347, pp.7-16 (2014).
  8.  
  9. 5. T. Sugimoto, Discourse on the Latus Rectum in Conics, Symmetry, 24, (1-4),
      pp. 295-309 (2013).
  10.  
  11. 6. S. Yamaguchi, et al., Dwarf males, large hermaphrodites, and females in marine
      species: a dynamic optimization model of sex allocation and growth, Theo.
      Popul. Biol., 85, pp.49-57 (2013).
  12.  
  13. 7. T. Sugimoto, A Theory for Ciliany Gliding in Freshwater Planarians, J. Aero-Aqua.
      Mech., 1. E E E E pp. 57-63 E E010 E E
  14.  
  15. 8. T. Sugimoto, How to present the heart of Newton’s Principia to the layperson:
      a primer on the conic sections without Apollonius of Perga, Symmetry, 20, (1-4),
      pp.113-144 (2009).

氏名 内田 智史 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3738
研究室HP 部屋番号 23-431
研究分野 ソフトウェア工学,プログラミング方法論,プログラミング教育,数値計算環境
所属学協会 日本経営工学会,経営情報学会,情報処理学会,ソフトウェア科学会,情報システム教育学会,人工知能学会,日本OR学会, 日本ロジスティクスシステム学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. ソフトウェア開発方法論
  2.  
  3. 2. プログラミング教育,e-Learning
  4.  
  5. 3. 数値計算用コンパイラ
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Satoshi Uchida, Naokazu Yamaki, "Visual matrix calculator for undergraduate
      students", computers & industrial engineering, Vol. 37, Nos 1-2,
      pp.309-312 (1999.10)
  2.  
  3. 2. C言語によるプログラミング-基礎編,応用編,スーパーリファレンス編-,
      オーム社,2001-2002
  4.  
  5. 3. Javaプログラミング徹底入門-基礎編,応用編-,電波新聞社,2002-2003

氏名 吉田 稔 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3734
研究室HP 部屋番号 23-427
研究分野 確率論,確率解析,情報数理,数理物理学
所属学協会 日本数学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. コンピュータと統計数理を統合した自然科学・社会科学の各種問題の解析
  2.  
  3. 2. コンピュータを援用した様々な数理的最適化
  4.  
  5. 3. 無限次元空間上の確率解析とその数理物理学への応用
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. S. Albeverio, M. W. Yoshida: Hida distribution construction of indefinite metric
      quantum field models without BPHZ renormalization. RIMS K okyuroku,
      No. 1904, pp.161-174. (2014)
  2.  
  3. 2. S. Albeverio, M. W. Yoshida: A homeomorphism relating path spaces of stochastic
      processes with values in respectively . Infinite Dimensional Analysis, Quantum
      Probability and Related Topics,Vol. 17,No. 1, pp. 219-257. (2014)
  4.  
  5. 3. S. Albeverio, M. W. Yoshida: Explanation of the Probabilistic Structure of ,
      (d = 3, 4), Euclidean Quantum Field Theory by Hida distribution and
      Borel sum. International Workshop on Infinite Dimensional Analysis And
      Quantum Probability (Nagoya), 招待講演 (2013)
  6.  
  7. 4. M. W. Yoshida: On diffusion processes taking values in direct product spaces of
      Bohr compactification of R. 5th International Conference on Stochastic Analysis
      and its Applications (Bonn),招待講演 (2011)
  8.  
  9. 5. S. Albeverio, M. W. Yoshida: Reflection positive random fields and Dirichlet spaces.
      RIMS K koyuroku, Bessatsu B6, pp. 15-29. (2008)
  10.  
  11. 6. S. Albeverio, B. Ferrario, M. W. Yoshida: On the essential self-adjointness of
      Wick powers of relativistic fields and of fields unitary equivalent to random fields.
      Acta Applicande Mathematicae, Vol. 80, No. 3, pp. 309-334. (2004)
  12.  
  13. 7. S. Albeverio, M. W. Yoshida: H-C1 maps and elliptic SPDEs with polynomial and
      exponential perturbations of Nelson's Euclidean free field. J. Functional Analysis,
      Vol. 196, No. 2, pp.265-322. (2002)
  14.  
  15. 8. M. W. Yoshida: Construction of infinite dimensional interacting diffusion processes
      through Dirichlet forms.Probab. Theory Relat. Fields. Vol.106, No.2, pp. 265-297.
      (1996)

氏名 平井 裕久 職位 教授
メールアドレス 内線番号
研究室HP 部屋番号 23-428
研究分野 会計学・企業価値評価・経営分析
所属学協会 日本会計研究学会・日本管理会計学会・日本経営工学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 企業価値と財務指標の価値関連性
  2.  
  3. 2. 企業における人的資源の活用と企業価値
  4.  
  5. 3. 企業再編による企業価値の創造
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. 併用方式による企業価値評価-加重平均におけるウェイトの問題に焦点を当てて-,
      日本原価計算研究学会 原価計算研究,第34巻・第2号・pp. 103-115,2010年5月
  2.  
  3. 2. 販売費および一般管理費のコスト・ビヘイビア,日本管理会計学会 管理会計学,
      第14巻・第2号・pp. 15-27,2006年3月
  4.  
  5. 3. 先入先出法による累加法の検討,日本管理会計学会 管理会計学,第23巻・
      第1号・pp. 103-2115,

氏名 石井 信明 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3779
研究室HP 部屋番号 23-532-1
研究分野 システムライフサイクルマネジメント,プロジェクトマネジメント
所属学協会 日本経営工学会,情報システム学会,プロジェクトマネジメント学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 1. プロジェクトとプログラムのマネジメント
  2.  
  3. 2. システム開発工程管理技術
  4.  
  5. 3. 企業業績評価法
▼ 最近の研究成果
  1. 1. Ishii, N., Takano, Y., Muraki, M., A revised algorithm for competitive bidding price
      decision under limited engineering Man-Hours in EPC projects, Oukan,
      Transdisciplinary Federation of Science and Technology , Vol. 10, No. 1, pp. 47-56
      (2016).
  2.  
  3. 2. Ishii, N., Takano, Y., Muraki, M., A heuristic bidding price decision algorithm based
      on cost estimation accuracy under limited engineering Man-Hours in EPC projects,
      Advanced in Intelligent Systems and Computing, Vol. 319, pp.101-118, Springer
      (2015).
  4.  
  5. 3. Ishii, N., Takano, Y., Muraki, M., An order acceptance strategy under limited
      engineering man-hours for cost estimation in Engineering-Procurement-
      Construction projects, International Journal of Project Management,
      Vol. 32, No. 3, pp. 519-528 (2014).

氏名 片桐 英樹 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3716
研究室HP 部屋番号 23-409
研究分野 システム最適化,オペレーションズ・リサーチ,データ分析
所属学協会 オペレーションズ・リサーチ学会,日本経営システム学会,日本知能情報ファジィ学会,INFORMS, IEEE 他

▼ 研究室の研究紹介
  1. 1. 不確実性下のシステム最適化
  2.  
  3. 2. 生産・物流システムの最適化
  4.  
  5. 3. 異常検知データマイニング
▼ 最近の研究成果
  1. 1. 片桐英樹,呉宏偉,羽森寛,垣内洋介,加藤浩介,カメラによるアライメント
      補正を考慮したプリント基板の検査経路最適化,日本経営システム学会論文誌,
      Vol. 32,No. 3, pp. 341-351 (2016)
  2.  
  3. 2. Hideki Katagiri, Takeshi Uno, Kosuke Kato, Hiroshi Tsuda, Hiroe Tsubaki, Random
      fuzzy bilevel linear programming through possibility-based value at risk model,
      International Journal of Machine Learning & Cybernetics, Vol.5, No.2,
      pp.211-224 (2014)
  4.  
  5. 3. Hideki Katagiri, Kosuke Kato, and Takashi Hasuike, A random fuzzy minimum
      spanning tree problem through a possibility-based value at risk model,
      Expert Systems with Applications, Vol. 39, No. 12, pp. 10639-10646 (2012)
  6.  
  7. 4. Hideki Katagiri, Ichiro Nishizaki, Tomohiro Hayashida and Takanori Kadoma,
      Multiobjective evolutionary optimization of training and topology of recurrent
      neural networks for time-series prediction, The Computer Journal, Vol.55, No.3,
      pp.325-336 (2012)
  8.  
  9. 5. Amir Azaron, Cahit Perkgoz, Hideki Katagiri, Kosuke Kato, Masatoshi Sakawa,
      Multi-objective reliability optimization for dissimilar-unit cold-standby systems
      using a genetic algorithm, Computers & Operations Research, Vol.36, No.5,
      pp.1562-1571 (2009)

氏名 窪谷 浩人 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3375
研究室HP 部屋番号 6-410
研究分野 複雑系科学
所属学協会 情報処理学会(音声言語情報処理研究会),日本物理学会, 日本天文学会,日本惑星科学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 1. 量子カオス性に基く量子的からみあいの生成の解析およびその性質の量子情報通信への
      応用
  2.  
  3. 2. カオス的遍歴を起すHamilton系のVlasov方程式からの理解
▼ 最近の研究成果
  1. 1. Entanglement generation by the mixing property in a quantum non-linear system,
      H. Kubotani and M. Den, Phys. Lett. A, 319 (2003), 475-485
  2.  
  3. 2. Numerical Evaluation of Evolution of Density Matrix and Decoherence Due to
      Non-Linear Dynamics, M. Sagagami, H. Kubotani and T. Okamura, Progrss
  4.  
  5. 3. Quantum Decoherence due to Non-Linear Dynamics of Environment, H. Kubotani,
      T. Okamura and M. Sakagami, Physica A, 214 (1995), 560-583

氏名 安田 洋介 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3373
研究室HP 安田研究室 部屋番号 6-407
研究分野 建築環境,音環境
所属学協会 日本建築学会,日本音響学会,日本騒音制御工学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 建築内外の音響設計のための数値シミュレーション手法の開発
  2.  
  3. 2. 床衝撃音低減機構の開発
  4.  
  5. 3. 建築部材の音響特性把握
  6.  
  7. 4. 騒音伝搬予測
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Y. Yasuda, S. Ueno, M. Kadota and H. Sekine, Applicability of locally reacting
      boundary conditions to porous material layer backed by rigid wall: wave-based
      numerical study in non-diffuse sound field with unevenly distributed sound
      absorbing surfaces, Applied Acoustics, Vol. 113, pp. 45-57 (2016).
  2.  
  3. 2. Y. Yasuda, H. Sekine, K. Higuchi and T. Oshima, A basic investigation for prediction
      of outdoor sound propagation in large area using fast multipole boundary element
      method, Acoustical Science and Technology, Vol. 37, No. 2, pp. 87-90 (2016).
  4.  
  5. 3. 安田洋介,関根秀久,渡辺一弘,藪下満,堀内秀樹,Helmholtz共鳴器を有する
      高性能乾式遮音二重床の開発 ―2質点系モデルに基づく遮音特性の解明―,
      日本建築学会環境系論文集,Vol. 79, No. 698, pp. 313-322 (2014).
  6.  
  7. 4. Y. Yasuda, K. Higuchi, T. Oshima and T. Sakuma, Efficient technique in
      low-frequency fast multipole boundary element method for plane-symmetric
      acoustic problems, Engineering Analysis with Boundary Elements, Vol. 36, No. 10,
      pp. 1493-1501 (2012).

氏名 山崎 教昭 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3386
研究室HP 部屋番号 6-426
研究分野 非線形偏微分方程式論
所属学協会 日本数学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 1. 非線形発展方程式論の研究
  2.  
  3. 2. 自由境界を伴う非線形現象の数学的研究
  4.  
  5. 3. 相転移現象の力学系の安定性と制御の研究
▼ 最近の研究成果
  1. 1. N. Yamazaki, Convergence and optimal control problems of nonlinear evolution
      equations governed by time-dependent operator, Nonlinear Anal.,(In Press).
  2.  
  3. 2. A. Ito, N. Kenmochi and N. Yamazaki, A phase-field model of grain boundary
      motion, Appl. Math., 53(2008), 433--454.
  4.  
  5. 3. M. Kubo and N. Yamazaki, Elliptic-parabolic variational inequalities with
      time-dependent constraints, Discrete Contin. Dyn. Syst., 19(2007), 335--359.

氏名 佐々木 志剛 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3160
研究室HP 部屋番号 5-323C
研究分野 統計物理学,計算物理学
所属学協会 日本物理学会,日本磁気学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 1. ランダム系の統計物理学
  2.  
  3. 2. 効率的モンテカルロ法の開発
  4.  
  5. 3. ナノ磁性体における温度効果
▼ 最近の研究成果
  1. 1. M. Sasaki, S. Tanaka, Y. Norizuki, K. Matsushita, J. Sato and H. Imamura,
      "Penetration of a Magnetic Wall into Thin Ferromagnetic Electrodes of
      a Nano-Contact Spin Valve",J. Phys. Soc. Jpn. 82, 074716-1-5 (2013).
  2.  
  3. 2. M. Sasaki and K. Hukushima, "A List Referring Monte-Carlo Method for Lattice
      Glass Models", J. Phys. Soc. Jpn. 82, 094003-1-15 (2013).
  4.  
  5. 3. M. Sasaki, K. Matsushita, J. Sato and H. Imamura,"Thermal Stability of
      the Geometrically Constrained Magnetic Wall and its Effecton a Domain-Wall
      Spin Valve", J. Appl. Phys. 111, 083903-1-8 (2012).