KU 神奈川大学 工学部

建築学科

人と環境に理想的な未来を、建築で描き出す。

古くはエジプトのピラミッドから、奈良の法隆寺、東京スカイツリーまで...。
時代や文化を彩る建造物。それらを支えたのはいつも、当代最高の建築技術でした。
このことからもわかるように「建築を学ぶ」とは、人間とその営みから科学技術まで、極めて幅広い分野を学ぶことです。
本学科では、4年間で学修効果を最大限に高められるよう、建築環境・建築構造・建築デザインの3コース制を採用。
基礎をベースに、効率よく得意分野を伸ばせるカリキュラムを編成しました。
先進の実験装置が居並ぶラボや、一人一台製図台が揃う壮大なアトリエで、未来の建築を模索していきましょう。

学科の特色

基礎をおさえながら深く学べる3コース制

興味に合わせて効率よく学べるよう「建築環境」「建築構造」「建築デザイン」の3コース制を採用しています。コースの垣根を越えた科目履修が可能で、基礎を土台に自らの専門分野を伸ばせます。

キャリアの土台となるスキルを基礎から修得

設計製図課題に始まり、数々の演習や実験、卒業研究を経て、「人間·空間·環境」の理想的な関係を創造する建築を学んでいきます。ここで得たスキルは将来どの分野に進んでも確かな土台となります。

先進の実験装置が、日々の研究をサポート

構造実験室から音響実験室、仮想現実立体ドーム、風洞実験装置まで。日本有数の大型構造実験装置を学内に整備しました。
これらの施設を自由に活用し、精度の高い研究に臨めます。

JABEE認定のカリキュラムで実力を磨く

本学科のカリキュラムは、JABEE(日本技術者教育認定機構)に認定され、社会の要求水準を満たしていることが証明されています。
確かな学びの場でエキスパートとしての真の実力が養えます。

3つのコース

建築環境コース

建築空間の「質」の向上のために必要な、建築内外の各種環境シミュレーション、室内環境の制御、建築設備の開発・改良のスキルを身につけます。

建築構造コース

目標は、地震や台風などに強い、安心・安全な建物をつくること。
そのために必要な新しい構法・エ法や新材料、コンピュータによる構造解析の手法などを学修します。

建築デザインコース

製図科目を柱に、建築・都市計画の基礎知識、デザイン理論や手法、建築史などを幅広く学び、これらを有機的につなげた「明日のデザイン」を考えます。

取得可能な資格・免許状

  • 所定の科目の単位を修得することで卒業と同時に(または実務経験を経て)資格などが得られる。
    教員免許状(高校一種数学・高校一種工業・中学一種数学)、技術士補、社会教育主事、学芸員、日本語教員
  • 所定の科目の単位修得または学科の卒業によって受験資格が得られる(実務経験が必要とされる場合があります)。
    一級・二級建築士、木造建築士、技術士、一級・二級建築施工管理技士、コンクリート診断士、コンクリート技士・主任技士、建築設備士、労働安全コンサルタント、労働衛生コンサルタント、衛生工学衛生管理者
  • 在学中の学修により資格試験に向けた準備ができるなど、学科との結びつきが強い資格。
    建築積算士、インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、構造設計一級建築士、設備設計一級建築士、建築基準適合判定資格者、宅地建物取引士

建築学科で学べる専攻科目一覧

  • 1年次BASICS

    建築全般の
    基礎を学ぶ

    設計・構造・環境・生産・材料など、様々な分野にわたる建築の基礎をしっかりと身につけます。

  • 2年次CHOICE

    3コースに分かれて
    学びに没頭

    2年次からコース制へ。建築全般と自分の特性に合った専門的な勉強の両方をバランスよく学べます。

  • 3年次GROWTH

    卒業研究・履修資格
    CHECK

    今までの学びを土台にさらに専門的な学修へ。卒業研究に参加できるかどうかは3年次までの成績で決まります。

  • 4年次EXPERT

    卒業研究で
    4年間の集大成

    ついに卒業研究へ。卒業後は大学院に進学、あるいは実社会で研鑽を積みながら各分野のエキスパートをめざします。

1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 各コース共通
  • 微分積分学A·B
  • 微分積分学入門
  • 幾何学A·B
  • 情報処理演習I
  • 物理学概説
  • 物理学A
  • 物理学B
  • 物理学Ⅲ
  • 確率・統計I
  • 代数学概論
  • 化学実験A
  • 基礎化学Ⅰ・Ⅱ
  • 物理学実験A
  • 物理学Ⅳ
専門必修科目 各コース共通
  • 建築グラフィックス
  • 建築のデザイン
  • 建築の力学及び演習
  • 力と形
  • 建築の構造
  • 建築環境概論
  • 設計製図Ⅰ
  • 建築の構工法
  • 建築の設備
  • 設計製図Ⅱ
  • 建築の材料
  • 日本建築史
  • 西洋建築史
  • 建築計画A
  • 地球環境建築
  • 建築法規
  • 建築技術英語Ⅰ・Ⅱ
  • 建築の生産
  • 卒業研究
  • 卒業輪講
建築環境コース
  • 給排水衛生設備
  • 建築環境工学Ⅰ・Ⅱ及び演習
  • 空調設備I
  • 環境システム計画演習Ⅰ・Ⅱ
  • 建築環境工学実験
  • 建築環境輪講Ⅰ・Ⅱ
建築構造コース
  • 骨組の力学Ⅰ・Ⅱ及び演習
  • 建築構造・材料実験
  • 建築構造輪講Ⅰ・Ⅱ
  • 建築都市防災Ⅰ
  • 鉄筋コンクリート構造の設計演習
  • 鉄骨構造の設計演習
建築デザインコース
  • 建築デザインI
  • 建築学実験
  • 建築デザインⅡ・Ⅲ
  • 建築デザイン輪講Ⅰ・Ⅱ
  • 日本近代建築史
専門選択科目 各コース共通
  • 建築CAD 演習Ⅰ
  • 造形デザイン
  • 木質構造
  • 建築情報処理
  • 建築計画B
  • 建築CAD演習Ⅱ
  • 鉄筋コンクリート構造
  • 基礎構造の設計及び演習
  • 建築設計論
  • 鉄骨構造
  • 空調設備Ⅱ
  • 電気設備
  • 建築の耐震解析及び演習
  • 建築史フィールドワーク
  • 建築情報・管理システム
  • 建築都市防災Ⅱ
  • 建築デザイン特別講義
  • 都市デザイン論
  • 建築設備演習
  • 都市計画
建築環境コース 他コースの専門必修科目を専門選択科目として学べます 他コースの専門必修科目を専門選択科目として学べます
建築構造コース
建築デザインコース
関連科目
  • 工業概論
  • 全学年次を通じ、共通教養科目、 他学部他学科の専攻科目、一部外国語科目
  • 職業指導Ⅰ・Ⅱ(工業)
  • 応用数学Ⅰ・Ⅱ
  • 代数学Ⅰ・Ⅱ
  • 確率·統計Ⅱ
  • 関数論Ⅰ・Ⅱ
  • 微分方程式Ⅰ・Ⅱ
  • 量子物理学Ⅰ
  • 統計物理学Ⅰ
  • 品質工学
  • 物理工学 A·B
  • 信頼性工学
  • コンピュータⅡ
  • 技術者倫理
  • 知的財産権
  • 総合工学プログラムの主要専門科目として履修できる科目[履修年次★2年次3年次]
  • 上記カリキュラムは2018(平成30)年度の専攻科目名のみを掲載しています。より詳細なカリキュラムは大学ホームページでご確認ください。
  • 建築学科では、2・4年次進級時に「進級制度」を設けています。

世界基準をめざす建築学科だから、学びの舞台もグローバル!

建築学科では、韓国(成均館大学校)、台湾(台湾科技大学)、中国(同済大学・武漢理工大学)の4大学と東アジア5大学建築学術交流を実施。夏の学生交流設計ワークショップでは、各大学より学生が参加した国際協同チームで、設計課題に取り組みました。
また、デンマーク王立芸術アカデミー建築大学、台湾科技大学、フランス国立モンペリエ高等建築学校でも、神大生が留学生活を送っています。

画像が入ります