物理学教室

  • 総合工学プログラム
  • 機械工学科
  • 電気電子情報工学科
  • 物質生命化学科
  • 情報システム創成学科
  • 経営工学科
  • 建築学科
Home > 教員紹介 > 物理学教室

工学部メニュー

物理学教室

氏名 垣本 史雄 職位 特任教授
メールアドレス 内線番号 3125
研究室HP 部屋番号 5-227
研究分野 宇宙線物理学
所属学協会 日本物理学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 10^13eV以上の高エネルギー宇宙線の起源の解明.
  2. 超高エネルギー粒子相互作用の研究.
▼ 最近の研究成果
  1. (1) Measurement of the proton-air cross section with Telescope Array’s Middle Drum detector and surface array in hybrid mode, Physical Review D. Vol. 92(3). 032007_1-032007_9 (2015).
  2.  
  3. (2) Energy spectrum of ultra-high energy cosmic rays observed with the Telescope Array using a hybrid technique, Astroparticle Physics. Vol.61. 93-101 (2015).
  4.  
  5. (3) New air Cherenkov light detectors to study mass composition of cosmic rays with energies above knee region, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research. Vol. A763. 320-328 (2014)

氏名 田村 忠久 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3341
研究室HP 部屋番号 6-302
研究分野 宇宙線物理学
所属学協会 日本物理学会,日本天文学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 宇宙線電子・ガンマ線観測による宇宙における高エネルギー現象の研究
  2. スペースステーション搭載を目指した宇宙線観測装置の開発
  3. シンチファイバー粒子検出器の加速器ビームによる性能試験
  4. コンパクト多チャンネル光電子増倍管の読み出しフロントエンド回路の開発
  5. 南極周回気球などを利用した長期間宇宙線電子・大気ガンマ線観測実験
▼ 最近の研究成果
  1. CALET upper limits on X-ray and gamma-ray counterparts of GW 151226, The Astrophysical Journal Letters, Volume 829, Number 1 (2016) L20 (5pp)
  2.  
  3. Relativistic electron precipitation at International Space Station: Space weather monitoring by Calorimetric Electron Telescope, Geophysical Research Letters, 43 (2016) 4119-4125.
  4.  
  5. A balloon experiment using CALET prototype (bCALET-2), Advances in Space Research, 55 (2) (2015) 753-760.

氏名 日比野 欣也 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3376
研究室HP 部屋番号 6-411
研究分野 計算物理
所属学協会 情報処理学会,日本物理学会,CIEC

▼ 研究室の研究紹介
  1. シミュレーションを用いた高エネルギー物理現象に関する研究
  2. ニューラルネットのイメージ解析への適応に関する研究
▼ 最近の研究成果
  1. OBSERVATION OF MULTI-TeV DIFFUSE GAMMA RAYS FROM THE GALACTIC PLANE WITH THE TIBET AIR SHOWER ARRAY, Amenomori, M., Hibino, K. et al., Astrophysical Journal, 580, 887-895 (The American Astronomical Society),2002
  2.  
  3. Primary proton spectrum between 200 TeV and 1000 TeV observed with the Tibet burst detector and air shower array, Amenomori, M., Hibino, K. et al., Physical Review, D62, 112002 (The American Physical Society), 2000
  4.  
  5. DETECTION OF MULTI-TeV GAMMA RAYS FROM MARKARIAN 501 DURING AN UNFORESEEN FLARING STATE IN 1997 WITH THE TIBET AIR SHOWER ARRAY, Amenomori, M., Hibino, K. et al., Astrophysical Journal,Vol.532, 302-307 (The American Astronomical Society), 2000

氏名 松田 和之 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3374
研究室HP 部屋番号 6-409
研究分野 物性物理学実験
所属学協会 日本物理学会、フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. ナノ構造物質の電子物性・構造物性の研究、カーボンナノチューブ及びその原子・分子内包複合体の物性研究、核磁気共鳴法による物性研究
▼ 最近の研究成果
  1. (1) M. Hagiwara, M. Ikeda, T. Kida, K. Matsuda, S. Tadera, H. Kyakuno, K. Yanagi, Y. Maniwa, and K. Okunishi, "Haldane State Formed by Oxygen Molecules Encapsulated in Single-Walled Carbon Nanotubes", J. Phys. Soc. Jpn. 83 (2014) 113706.
  2.  
  3. (2) K. Matsuda, K. Yanagi, H. Kyakuno, S. Sagitani, H. Kataura, and Y. Maniwa"13C-NMR Shift of Highly Concentrated Metallic and Semiconducting Single-Walled Carbon Nanotubes", J. Phys. Soc. Jpn. 65 (1996) 679.
  4.  
  5. (3) K.Matsuda,Y.Konaka,Y.Maniwa,S.Matsuishi,and H.Hosono,”Electronic state and cage distortion in the room-temperature stable electride [Ca24AI28064]4+(02-)2-x(e-)2x as probed by 27 AI NMR”, Phys.Rev.B 80, (2009) 245103-1-5.
▼ 受賞
  1. 2013年度 神奈川大学学術褒賞
    「高純度金属型半導体型カーボンナノチューブの核磁気共鳴による研究」2013年10月

氏名 宇佐見 義之 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3300,3219
研究室HP 部屋番号 5-422
研究分野 数理生物学
所属学協会 日本物理学会,人工知能学会,数理生物学懇談会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 生物の形の進化
▼ 最近の研究成果
  1. Usami Y., “Reconstruction of Extinct Animals in the Comuter II”, Trans. M.R.S.J (2001) 28.461-464.
  2.  
  3. 宇佐見義之, “古代の生態系をCGで再現する", (”生物の形の多様性と進化”、関村利朗編、裳華房,2003年).
  4.  
  5. 宇佐見義之, “生物の形の進化”, 日本科学未来館VRシアター, 2002年9月より.上映中

氏名 佐々木 志剛 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3160
研究室HP 部屋番号 5-323C
研究分野 統計物理学、計算物理学
所属学協会 日本物理学会、日本磁気学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. ランダム系の統計物理学
  2. 効率的モンテカルロ法の開発
  3. ナノ磁性体における温度効果
▼ 最近の研究成果
  1. 1) M. Sasaki, S. Tanaka, Y. Norizuki, K. Matsushita, J. Sato and H. Imamura,"Penetration of a Magnetic Wall into Thin Ferromagnetic Electrodes of a Nano-Contact Spin Valve",J. Phys. Soc. Jpn. 82, 074716-1-5 (2013).
  2.  
  3. 2) M. Sasaki and K. Hukushima, "A List Referring Monte-Carlo Method for Lattice Glass Models", J. Phys. Soc. Jpn. 82, 094003-1-15 (2013).
  4.  
  5. 3) M. Sasaki, K. Matsushita, J. Sato and H. Imamura,"Thermal Stability of the Geometrically Constrained Magnetic Wall and its Effecton a Domain-Wall Spin Valve", J. Appl. Phys. 111, 083903-1-8 (2012).

氏名 清水 雄輝 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3220
研究室HP 部屋番号 5-423
研究分野 非加速器素粒子実験、放射線計測
所属学協会 日本物理学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 国際宇宙ステーションにおける高エネルギー宇宙線観測
  2. 長期間気球による暗黒物質の間接探索
▼ 最近の研究成果
  1. (1)“A balloon experiment using CALET prototype (bCALET-2)”, Advances in Space Research, 55, Issue 2, pp. 753-760 (2015).
  2.  
  3. (2) “Calibration of LHCf calorimeters for photon measurement by CERN SPS test beam”, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, 671, pp. 129-136 (2012).
  4.  
  5. (3)“Balloon borne experiment with CALET prototype”, Journal of the Physical Society of Japan, 78, pp. 165-168 (2009).

氏名 西野 晃徳 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3218
研究室HP 部屋番号 5-421
研究分野 物性基礎論、数理物理学
所属学協会

▼ 最近の研究成果
  1. 1) Akinori Nishino, Takashi Imamura and Naommichi Hatano, "Exact many-electron scattering states in a parallel-coupled doub1e quantum-dot system", J. Phys.: Conf. Ser. 343, 012087-1-7 (2012).
  2.  
  3. 2) Akinori Nishino , Takashi Imamura and Naomichi Hatano, "I-V characteristics of an open quantum dot with a Coulomb interaction: Extension of the Landauer formula with exact scattering eigenstates", Phys. Rev. B83, 035306-1-l7 (2011).
  4.  
  5. 3) Akinori Nishino, Takashi Imamura and Naomichi Hatano, "Exact scattering eigenstates, many-body bound states, and nonequi1ibrium current in an open quantum dot system", Phys. Rev. Lett. 102, 146803-1-4 (2009).

氏名 相澤 啓仁 職位 特別助教
メールアドレス 内線番号 3391
研究室HP 部屋番号 6-415
研究分野 物性理論
所属学協会 日本物理学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 超伝導や磁性等の微視的理論
  2. 有効模型構築と物性解析
▼ 最近の研究成果
  1. (1) H. Aizawa et al., “Pairing Competition in a Quasi-One-Dimensional Model of Organic
    Superconductors (TMTSF)_2 /X /in Magnetic Field”, J. Phys. Soc. Jpn., 78 (2009)
    124711-1-10.
  2.  
  3. (2) H. Aizawa et al., “Strong Parity Mixing in the Fulde-Ferrell-Larkin-Ovchinnikov Superconductivity in Systems with Coexisting Spin and Charge Fluctuations”, Phys.
    Rev. Lett., 102 (2009) 016403-1-4.
  4.  
  5. (3) H. Aizawa et al., “Strong magnetic field enhancement of spin triplet pairing arising from
    coexisting 2/k_F /spin and 2/k_F / charge fluctuations”, Phys. Rev. B, 77 (2008) 144513-1-5.

氏名 有働 慈治 職位 助教
メールアドレス 内線番号 3392
研究室HP 部屋番号 6-416
研究分野 高エネルギー宇宙線物理学
所属学協会 日本物理学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 超高エネルギー宇宙線の観測
  2. 高エネルギー宇宙線起源・伝播の研究
▼ 最近の研究成果
  1. (1) Search for Anisotropy of Ultra-High Energy Cosmic Rays with the Telescope Array Experiment, Astroph. J., 757, 26(2012)
  2.  
  3. (2) The atmospheric transparency measured with a LIDER system at the Telescope array experiment, Nucl. Inster. and Meth., A654 pp.653-660(2011)
  4.  
  5. (3) Anisotropy and Corotation of Galactic Cosmic Rays, Science, 314, pp.439-443(2006)

氏名 客野 遥 職位 助教
メールアドレス 内線番号 3159
研究室HP 部屋番号 5-323B
研究分野 物性物理学(実験)
所属学協会 日本物理学会、フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 微細な空間に閉じ込められた水の物性研究
  2. イオン液体の構造とダイナミクスの研究
▼ 最近の研究成果
  1. 1. H. Kyakuno, M. Fukasawa, R. Ichimura, K. Matsuda, Y. Nakai, Y. Miyata, T. Saito, Y. Maniwa, “Diameter-dependent hydrophobicity in carbon nanotubes”, The Journal of Chemical Physics Vol. 145, pp. 064514-1-12 (2016).
  2.  
  3. 2.D. Hayashi, T. Ueda, Y. Nakai, H. Kyakuno, Y. Miyata, T. Yamamoto, T. Saito, K. Hata, Y. Maniwa, “Thermoelectric properties of single-wall carbon nanotube films: Effects of diameter and wet environment,” Applied Physics Express, vol. 9, pp. 025102-1-4 (2016).
  4.  
  5. 3.D. Hayashi, T. Ueda, Y. Nakai, H. Kyakuno, Y. Miyata, T. Yamamoto, T. Saito, K. Hata, Y. Maniwa, “Thermoelectric properties of single-wall carbon nanotube films: Effects of diameter and wet environment,” Applied Physics Express, vol. 9, pp. 025102-1-4 (2016).

氏名 山内 大介 職位 特別助教
メールアドレス 内線番号 3340
研究室HP 部屋番号 6-301
研究分野 宇宙論
所属学協会 日本物理学会、日本天文学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 修正重力理論の理論的研究
  2. 初期宇宙模型の峻別
  3. 大型電波干渉計による宇宙論
▼ 最近の研究成果
  1. (1) T. Kobayashi, Y. Watanabe, D. Yamauchi, ``Breaking of Vainshtein screening in scalar-tensor theories beyond Horndeski'', Physical Review D 91, 064013 (2015)
  2.  
  3. (2) D. Yamauchi, K. Takahashi, M. Oguri, ``Constraining primordial non-Gaussianity via multitracer technique with surveys by Euclid and Square Kilometre Array'', Physical Review D 90, 083520 (2014)
  4.  
  5. (3) D. Yamauchi, A. Linde, A. Naruko, T. Tanaka, M. Sasaki, ``Open inflation in the landscape'', Physical Review D 84, 043513 (2011)