物質生命化学科

  • 総合工学プログラム
  • 機械工学科
  • 電気電子情報工学科
  • 物質生命化学科
  • 情報システム創成学科
  • 経営工学科
  • 建築学科
Home > 教員紹介 > 物質生命化学科

工学部メニュー

物質生命化学科MENU

物質生命化学科

氏名 井川 学 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3880
研究室HP 井川研究室
(環境分析化学研究室)
部屋番号 23-814-1
研究分野 環境化学,分析化学
所属学協会 日本化学会,日本分析化学会,大気環境学会,膜学会,海水学会,イオン交換学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 降水(雨,霧,もや)の化学組成の分析とその酸性化機構の解明
  2.  
  3. 2. 酸性降下物の森林衰退に及ぼす影響機構の解明
  4.  
  5. 3. 新しい分離システム(疎水性膜やイオン交換膜を用いた分離法,電気修復法による
      土壌汚染物質除去法)の開発
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. ”Spontaneous motion of various oil droplets in aqueous solution of trimethyl
      alkyl ammonium with different carbon chain lengths”, Colloids and Surfaces
      A: Physicochem. Eng. Aspects, 504, 154–160 (2016).
  2.  
  3. 2. “Selective transport of neutral amino acids across a double-membrane system
      comprising cation and anion exchange membranes”, J. Membr. Sci., 537,
      344-352 (2017).
  4.  
  5. 3. “Chemical Composition of Polluted Mist Droplets”, Atmos. Environ.,
      171, 230-236 (2017).

氏名 池原 飛之 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3849
研究室HP 池原研究室
(ソフトマテリアル物性研究室)
部屋番号 23-722-1
研究分野 高分子物性
所属学協会 高分子学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 高分子多成分系の分子運動性とダイナミクス・物性との相関
  2.  
  3. 2. 結晶性/結晶性高分子ブレンドでの相互侵入球晶の探索と解析
  4.  
  5. 3. ポリマー多成分系が形成するナノからマクロ構造解析と制御
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Relation between the helical twist and S-shaped cross section of
      the lamellar crystals of polyethylene”, Sci. Rep. 3, 1444; DOI:10.1038/
      srep01444 (2013).
  2.  
  3. 2. “Spherulitic Growth in Block Copolymers and Blends of Miscible Crystalline
      Polymers”, J. Polym. Sci. Part B Polym. Phys., 50(8), 563?571 (2012).
  4.  
  5. 3. “Miscibility Enhancement and Formation of Interpenetrating Spherulites
      in Ternary Blends of Crystalline Polymers”, J. Polym. Sci. B Polym. Phys.,
      48(6), 706-711 (2010).

氏名 上田 渉 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3903
研究室HP 上田研究室
(触媒物質化学研究室)
部屋番号 23-829-1
研究分野 触媒化学,触媒物質化学,物理化学
所属学協会 日本化学会,触媒学会,石油学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 金属導入や骨格元素置換による結晶性Mo-V複合酸化物触媒の多機能化
  2.  
  3. 2. 新しい構造,組織をもった高機能触媒の創出
  4.  
  5. 3. 天然ガス資源を化学品にする接触的酸化反応の展開
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Synthesis of Novel Orthorhombic Mo and V Based Complex Oxides Coordinating
      Alkylammonium Cation in Its Heptagonal Channel and Their Application
      as a Catalyst, S. Ishikawa, T. Murayama, S. Ohmura, M. Sadakane,
      W. Ueda, Chem. Mater., 2013, 25, 2211-2219.
  2.  
  3. 2. Redox Treatment of Orthorhombic Mo29V11O112 and Relationships between
      Crystal Structure, Microporosity and Catalytic Performance for Selective
      Oxidation of Ethane, S. Ishikawa, D. Kobayashi, T. Konya, S. Ohmura,
      T. Murayama, N. Yasuda, M. Sadakane, W. Ueda, J. Phys. Chem.
      C
    2015, 119, 7195-7206.
  4.  
  5. 3. Microporous Crystalline Mo–V Mixed Oxides for Selective Oxidations, S. Ishikawa,
      W. Ueda, Catal. Sci. Technol., 2016, 6, 617-629.
  6.  
  7. 4. Synthesis of Crystalline Microporous Mo–V–Bi Oxide for Selective (Amm)Oxidation
      of Light Alkanes, S. Ishikawa, Y. Goto, Y. Kawahara, S. Inukai, N. Hiyoshi,
      N. F. Dummer, T. Murayama, A. Yoshida, M. Sadakane, W. Ueda,
      Chem. Mater., 2017, 29, 2939-2950.

氏名 岡田 正弘 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3853
研究室HP 岡田正弘研究室
(生物活性物質化学研究室)
部屋番号 23-727-1
研究分野 天然物化学,生物有機化学
所属学協会 日本農芸化学会,日本化学会,日本生薬学会,日本薬学会,アメリカ化学会,有機合成化学協会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 生理活性を有する天然有機化合物の探索,合成,生合成,機能解明
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Combinatorial biosynthesis of (+)-daurichromenic acid and its halogenated
      analogue”, M. Okada, K. Saito, C. P. Wong, C. Li, D. Wang, M. Iijima,
      F. Taura, F. Kurosaki, T. Awakawa, I. Abe, Org. Lett., 19, 3183-3186, 2017.
  2.  
  3. 2. “Total syntheses of coronatines by exo-selective Diels–Alder reaction
      and their biological activities on stomatal opening”, M. Okada, S. Ito,
      A. Matsubara, I. Iwakura, S. Egoshi, M. Ueda, Org. Biomol. Chem., 7,
      3065-3073, 2009.
  4.  
  5. 3. “Structure of the Bacillus subtilis quorum-sensing peptide pheromone ComX”,
      M. Okada, I. Sato, S. J. Cho, H. Iwata, T. Nishio, D. Dubnau, Y. Sakagami,
      Nature Chem. Biology, 1, 23–24, 2005.

氏名 岡本 専太郎 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3856
研究室HP 岡本研究室
(有機反応デザイン研究室)
部屋番号 23-731-1
研究分野 有機合成化学,有機金属化学,医農薬・有機材料
所属学協会 日本化学会,有機合成化学協会,近畿化学協会,高分子学会,アメリカ化学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 金属を触媒や反応剤として使う有機分子の効率的変換反応の開発
  2.  
  3. 2. 新薬剤開発を目指す生物活性化合物の設計と合成
  4.  
  5. 3. 有機分子材料の創製に向けた新コンセプトの提案と実現
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Silica-Supported Silver as a Green and Sustainable Catalyst for
      the [3+2]-Cycloaddition Reaction of Azomethine Ylides with 2'-Hydroxychalcone
      Derivatives”, ChemCatChem, 2018, in press.
  2.  
  3. 2. "Low−valent titanium−catalyzed deprotection of allyl- and propargyl-carbamates
      to amines”, Tetrahedron Letters, 2016, 57, 2074-2077.
  4.  
  5. 3. "Iron-Catalyzed Reductive Metalation–Allylation and Metalative Cyclization of
      2,3-Disubstituted Oxetanes and Their Stereoselectivity”, Synthesis, 2016,
      48, 2823-2828.

氏名 小野 晶 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3887
研究室HP 小野研究室
(遺伝子有機化学教室)
部屋番号 23-818-1
研究分野 有機化学,生物有機化学,核酸化学
所属学協会 日本化学会,日本薬学会,有機合成化学協会,分子生物学会,日本分析化学会,高分子学会,ナノ学会,NMR 学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 癌やウイルス病に有効な核酸医薬の開発研究
  2.  
  3. 2. ウイルスのRNAを検出する手法の開発研究
  4.  
  5. 3. 環境中の毒性Hg(II)イオンを検出・除去する手法の開発
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Metal ion-binding properties of DNA duplexes containing thiopyrimidine
      base pairs”Chem. Commun., 2012, 48, 4347-4349.
  2.  
  3. 2. “Binding of metal ions by pyrimidine base pairs in DNA duplexes”
      Chem. Soc. Rev., 2011, 40, 5855-5866.
  4.  
  5. 3. “Synthesis of covalently linked parallel and antiparallel DNA duplexes
      containing the metal-mediated base pairs T-Hg(II)-T and C-Ag(I)-C”
      Chem. Comm., 2011, 47, 1542-1544.

氏名 小出 芳弘 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3888
研究室HP 小出研究室
(有機無機ハイブリッド構造研究室)
部屋番号 23-819
研究分野 無機化学 有機無機ハイブリッド構造 光機能性材料
所属学協会 アメリカ化学会,日本化学会,高分子学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 有機アルミニウム化合物の立体選択性合成とその単結晶構造解析
  2.  
  3. 2. 酸化アルミニウム化合物による触媒機能発現
  4.  
  5. 3. 分子自己組織化による無機ナノ構造体の構築
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. A theoretical and experimental study on meridional-facial isomerization of
      tris (quinolin-8-olate)aluminum (Alq3), I. Iwakura, H. Ebina, K. Komori-Orisaku,
      Y. Koide, Dalton Trans., 2014, 43 (34), 12824 - 12827.
  2.  
  3. 2. Pulsed Nd:YAG laser induced high throughput stereospecific [2+2] cycloaddition
      of highlyorganized 1,2-bis(4-pyridyl)ethylene in a supramolecular scaffold, I.
      Iwakura, S. Kato, R. Hino, A. Fukumoto, K. Komori-Orisaku, Y. Koide, RSC Adv.,
      2013, 3, 5354-5356.

氏名 金 仁華 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3845
研究室HP 金研究室 部屋番号 23-717-1
研究分野 高分子合成,ハイブリッド材料,ナノ構造材料
所属学協会 日本化学会,高分子学会,日本セラミックス協会,バイオテンプレート研究会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. ポリオキサゾリン,ポリエチレンイミン類機能性ポリマの設計と合成
  2.  
  3. 2. バイオミメティック手法による複雑階層構造のナノ酸化物の合成と機能
  4.  
  5. 3. 自己組織化・超分子化学・キラリティ発現に統合されるキラルナノ材料の開発
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Nanosheets-Stacked Chiral Silica Transcribed from Metal ions- and
      pH-tuned Supramolecular Crystalline Complexes of Polyamine/D-glucarate”,
      Chem. Eur. J., 20, 1134-1145 (2014)
  2.  
  3. 2. “Bioinspired Synthesis of Soft-Nanofilament-based Coatings Consisted of
      Polysilsesquioxanes/Polyamine and Their Divergent Surface Control”,
      ACS Appl. Mater. & Interface, 5, 3126-3133 (2013)
  4.  
  5. 3. “High-Temperature-Resistant Chiral Silica Generated on Chiral Crystalline
      Templates Under Neutral-pH/Ambient Conditions”, Angew. Chem.
      Int. Ed., 51
    , 5862-5865 (2012)

氏名 引地 史郎 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3890
研究室HP 引地研究室
(バイオミメティック錯体機能化学研究室)
部屋番号 23-822-1
研究分野 錯体化学,生物無機化学,触媒化学
所属学協会 日本化学会,アメリカ化学会,触媒学会,錯体化学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 金属酵素の反応機構解明とその仕組みを利用した機能性金属錯体の開発
  2.  
  3. 2. 遷移金属による酸素活性化機構の解明と酸化触媒への応用
  4.  
  5. 3. 配位化学に基づく新規機能性物質の開発
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Immobilization of a Boron Center-Functionalized Scorpionate Ligand
      on Mesoporous Silica Supports for Heterogeneous Tp-Based Catalysts”,
      ACS Omega, 2, 1025–1030 (2017).
  2.  
  3. 2. “Synthesis, Characterization and Aerobic Alcohol Oxidation Catalysis of
      Palladium(II) Complexes with a Bis(imidazolyl)borate ligand”, Eur. J. Inorg.
      Chem., 2016, 2603–2608 (2016).
  4.  
  5. 3. “Characterization of Mononuclear Non-heme Iron(III)-Superoxo Complex with
      a Five-Azole Ligand Set”, Angew. Chem. Int. Ed., 54, 7336–7339 (2015).

氏名 本橋 輝樹 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3876
研究室HP 本橋研究室
(機能性セラミックス研究室)
部屋番号 23-808-1
研究分野 固体化学,無機材料化学,物性化学
所属学協会 日本セラミックス協会,日本化学会,日本物理学会,応用物理学会,アメリカ化学会,電気化学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 結晶化学に基づく機能性セラミックスの設計・開発
  2.  
  3. 2. 新規酸素貯蔵材料の開発とその環境・エネルギー応用展開
  4.  
  5. 3. 遷移金属酸化物の電子物性制御
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Brownmillerite-type Ca2FeCoO5 as a Practicable Oxygen Evolution Reaction
      Catalyst”, Etsushi Tsuji, Teruki Motohashi, Hiroyuki Noda, Damian Kowalski,
      Yoshitaka Aoki, Hajime Tanida, Junji Niikura, Yukinori Koyama, Masahiro Mori,
      Hajime Arai, Tsutomu Ioroi, Naoko Fujiwara, Yoshiharu Uchimoto,
      Zempachi Ogumi, and Hiroki Habazaki, ChemSusChem 10 (14),
      2864-2868 (2017).
  2.  
  3. 2. “Significant lanthanoid substitution effect on the redox reactivity
      of the oxygen-storage material BaYMn2O5+δ”, T. Motohashi,
      M. Kimura, Y. Masubuchi, S. Kikkawa, J. George, and R. Dronskowski,
      Chemistry of Materials 28 (12), 4409-4414 (2016).
  4.  
  5. 3. “Remarkable oxygen intake/release of BaYMn2O5+δ viewed from
      high-temperature crystal structure”, T. Motohashi, T. Takahashi, M. Kimura,
      Y. Masubuchi, S. Kikkawa, Y. Kubota, Y. Kobayashi, H. Kageyama, M. Takata,
      S. Kitagawa, and R. Matsuda, The Journal of Physical Chemistry C 119 (5),
      2356-2363 (2015).

氏名 松本 太 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3885
研究室HP 松本研究室
(エレクトロニクス材料
化学研究室)
部屋番号 23-816-1
研究分野 工業物理化学,無機工業化学,電気分析化学,ナノ材料
所属学協会 電気化学会,表面技術協会,The Electrochemical Society,MRS

▼ 研究室の研究内容
    • 1. 高性能リチウム電池,燃料電池,空気電池,バイオ電池などに用いられる高密度,
        高エネルギー材料の合成および性能の向上のための電池反応解析 (電気化学測
        定法,STM, AFM, ラマン分光法,質量分析法などを用いる総合的な解析)
    •  
    • 2. 新規エネルギー材料探索のためのHigh-Throughput Screening法の開発,
        コンビナトリアルケミストリーによる多種・多様な化合物の迅速合成(各種電池
        材料,水素吸蔵合金,超伝導材料などの開発)
    •  
    • 3. 機能性ナノ材料の合成と応用に関する研究(バイオセンサ用ナノ電極,機能性
        ナノ粒子,バイオメディカルへの応用,高感度分光分析への応用)
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “One-Pot Synthesis of Platinum-based Nanoparticles Incorporated in Mesoporous
      Niobium Oxide for Next Generation Fuel Cell Electrodes”, M. C. Orilall,
      F. Matsumoto, C. Zhou, H. Sai, H. D. Abruna,F. J. DiSalvo, U. Wiesner,
      J. Am. Chem. Soc., 2009,
      131(26),9389-9395.
  2.  
  3. 2. “Electrochemical Activity of Ordered Intermetallic PtPb Nanoparticles Prepared by
      Borohydride Reduction towards Formic Acid Oxidation for Fuel Cell Application”, F.
      Matsumoto, C. Roychowdhury, F. J. DiSalvo, H. D. Abruna, J. Electrochem. Soc.,
      2008, 155(2),? B148-B154.
  4.  
  5. 3. “High Electrocatalytic Activity of Atomically Ordered Pt3Ti Nanoparticles”, H. Abe,
      F. Matsumoto, L. R. Alden, H. D. Abruna, F. J. DiSalvo, J. Am. Chem. Soc.,
      2008, 130(16),
      5452-5458.

氏名 横澤 勉 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3846
研究室HP 横澤研究室
(分子アーキテクチャー研究室)
部屋番号 23-718-1
研究分野 高分子合成,有機合成化学
所属学協会 日本化学会,高分子学会,アメリカ化学会,有機合成化学協会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 触媒の分子内移動を利用した制御された共役系高分子の合成
  2.  
  3. 2. 分子量と分子量分布の制御された多分岐高分子を含むアーキテクチャーと自己組織化
  4.  
  5. 3. 環状高分子の合成法の開発とこれを用いた鎖状高分子の両末端官能基化
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “AmPhos Pd-catalyzed Suzuki-Miyaura Catalyst-Transfer Condensation
      Polymerization: Narrower Dispersity by Mixing the Catalyst and Base Prior
      to Polymerization”, K. Kosaka, T. Uchida, K. Mikami, Y. Ohta, T. Yokozawa,
      Macromolecules, 51 (2), 364-369 (2018).
  2.  
  3. 2. “Control of Molecular Weight and End-Functional Groups of Polyester from
      A2 + B2 Polycondensation via Cross Metathesis of Cyclic Unsaturated
      Polyester with Difunctional Olefin”, R. Okabayashi, Y. Ohta, T. Yokozawa,
      Macromolecules, 50 (24), 9589-9597 (2017).
  4.  
  5. 3. “Unusual Cyclic Polymerization through Suzuki-Miyaura Coupling of
      Polyphenylene Bearing Diboronate at Both Ends with Excess Dibromophenylene”,
      H. Sugita, M. Nojima, Y. Ohta, T. Yokozawa, Chem. Commun., 53 (2),
      396-399 (2017).

氏名 赤井 昭二 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3852
研究室HP 岡田正弘研究室
(生物活性物質化学研究室)
部屋番号 23-726
研究分野 有機合成化学,有機天然物化学,糖化学
所属学協会 日本化学会,有機合成化学教会,日本糖質学会,日本薬学会,日本農芸化学会,アメリカ化学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 生理活性を有する天然有機化合物の探索,合成,生合成,機能解明
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Selective Deprotection Method of N-Phenylcarbamoyl Group”, S. Akai,
      R. Tanaka, H. Hoshi, K. Sato, J. Org. Chem., 2013, 78(17), 8802-8808.
  2.  
  3. 2. “A Concise Total Synthesis of (+)-Pancratistatin from D-Glucose Featuring
      the Henry Reaction”, S. Akai, M. Kojima, S. Yamauchi, T. Kohji, Y. Nakamura,
      K. Sato, Asian J. Org. Chem., 2013, 2, 299-302.

  4.  
  5. 3. “Total Synthesis of (-)-Tetrodotoxin from D-Glucose: A New Route to
      Multi-functionalized Cyclitol Employing the Ferrier(II) Reaction toward
      (-)-Tetrodotoxin. “, S. Akai, H. Seki, N. Sugita, T. Kogure, N. Nishizawa,
      K. Suzuki, Y. Nakamura, Y. Kajihara, J. Yoshimura, K. Sato, Bull. Chem.
      Soc. Jpn., 2010, 83(3), 279-287.

氏名 石川 理史 職位 特別助教
メールアドレス 内線番号 3902
研究室HP 上田研究室
(触媒物質化学研究室)
部屋番号 23-827
研究分野 触媒化学,触媒物質化学
所属学協会 触媒学会,石油学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 金属導入や骨格元素置換による結晶性Mo-V複合酸化物触媒の多機能化
  2.  
  3. 2. 新しい構造,組織をもった高機能触媒の創出
  4.  
  5. 3. 天然ガス資源を化学品にする接触的酸化反応の展開
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. S ynthesis of Novel Orthorhombic Mo and V Based Complex Oxides Coordinating
      Alkylammonium Cation in Its Heptagonal Channel and Their Application
      as a Catalyst, S. Ishikawa, T. Murayama, S. Ohmura, M. Sadakane, W. Ueda,
      Chem. Mater., 2013, 25, 2211-2219.
  2.  
  3. 2. Redox Treatment of Orthorhombic Mo29V11O112 and Relationships between
      Crystal Structure, Microporosity and Catalytic Performance for Selective
      Oxidation of Ethane, S. Ishikawa, D. Kobayashi, T. Konya, S. Ohmura,
      T. Murayama, N. Yasuda, M. Sadakane, W. Ueda, J. Phys. Chem. C 2015,
      119
    , 7195-7206
  4.  
  5. 3. Microporous Crystalline Mo–V Mixed Oxides for Selective Oxidations,
      S. Ishikawa, W. Ueda, Catal. Sci. Technol., 2016, 6, 617-629.

氏名 犬束 学 職位 特別助教
メールアドレス 内線番号 3848
研究室HP 池原研究室
(ソフトマテリアル物性研究室)
部屋番号 23-721
研究分野 高分子物性
所属学協会 高分子学会,繊維学会,日本接着学会,日本ゴム協会,日本中性子科学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 界面における高分子の構造と物性
  2.  
  3. 2. ポリマーブラシ鎖の結晶構造とダイナミクス
  4.  
  5. 3. ブロックコポリマーの結晶化挙動
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. S. Sugimoto, M. Inutsuka, D. Kawaguchi, K. Tanaka “Reorientation Kinetics
      of Local Conformation of Polyisoprene at Substrate Interface” ACS Macro
      Lett. 7, 85-89 (2018).
  2.  
  3. 2. M. Inutsuka, H. Tanoue, N. L. Yamada, K. Ito, H. Yokoyama “Dynamic
      contact angle on a reconstructive polymer surface by segregation”
      RSC Adv. 7, 17202-17207 (2017).
  4.  
  5. 3. S. Shimomura, M. Inutsuka, N. L. Yamada, K. Tanaka “Unswollen layer
      of cross-linked polyisoprene at the solid interface” Polymer 105,
      526-531 (2016).

氏名 太田 佳宏 職位 特別助教
メールアドレス 内線番号 3847
研究室HP 横澤研究室
(分子アーキテクチャー研究室)
部屋番号 23-719
研究分野 高分子合成,有機合成化学
所属学協会 高分子学会,日本化学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 分子量と分子量分布の制御されたハイパーブランチポリマーの合成
  2.  
  3. 2. 多分岐高分子を含む高分子アーキテクチャの合成と自己組織化
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Chain-Growth Condensation Polymerization for Controlled Synthesis of
      Polymers”, Y. Ohta, T. Yokozawa, Adv. Polym. Sci., 2013, 262, 191-238.
  2.  
  3. 2. “Synthesis of Well-Defined, Amphiphilic Poly(ethylene glycol)-b-Hyperbranched
      Polyamide”, Y. Ohta, T. Kanou, A. Yokoyama, T. Yokozawa, J. Polym. Sci.,
      Part A: Polym. Chem., 2013, 51, 3762-3766.
  4.  
  5. 3. “Chain-Growth Condensation Polymerization Approach to Synthesis of
      Well-Defined Polybenzoxazole: Importance of Higher Reactivity of
      3-Amino-4-Hydroxybenzoic Acid Ester Compared to 4-Amino-3-Hydroxybenzoic
      Acid Ester”, Y. Ohta, T. Niiyama, A. Yokoyama, T. Yokozawa, J. Polym.
      Sci., Part A: Polym. Chem., 2014, 52, 360-365.

氏名 斉藤 美和 職位 特別助教
メールアドレス 内線番号
研究室HP 部屋番号 23-808
研究分野 結晶化学
所属学協会 日本セラミックス協会,日本化学会,日本MRS,耐火物技術協会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 新規酸化物イオン・プロトン伝導体の探索とイオン伝導機構の解明
  2.  
  3. 2. 新規固体電解質を用いた燃料電池(SOFC)の開発
  4.  
  5. 3. 熱電発電素子の研究
  6.  
  7. 4. 透明電極材料の研究
  8.  
  9. 5. ゾル・ゲル法による酸化物薄膜を用いた光起電力特性の研究
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Synthesis of new brownmillerite type compounds Ba2(Sc,M’)2O5
      (M’=Lu, Yb,Tm or Er), Ba2(Zn1/2M’1/2)2O5 (M’=Ce, Zr or Hf),
      Ba2(Zn2/3M’1/3)2O5 (M’=Ta or Nb) and Ba2(Zn3/4W1/4)2O5 and
      their crystal-chemical properties” M. Saito, S.Ito, T. Takayama,
  2.  
  3. 2. H. Yamamura, Trans. Mater. Res. Soc. Japan, 34[2] (2009) 233-236“Relationship
      between dielectric properties and oxygen defect structure of nondopedCeO2”
      M. Saito, T. Takayama, H. Yamamura, Jpn. J. Appl. Phys., 48 (2009) 121405
      “Crystal chemistry of new brownmillerite-type compounds” M. Saito,
      K. Kakinuma, H.Yamamura, Trans. Mater. Res. Soc. Japan, 33[4]
      (2008) 1081-1083

氏名 實吉 尚郎 職位 特別助教
メールアドレス 内線番号 3901
研究室HP 研究室HP 部屋番号 23-818-1
研究分野 核酸化学,糖化学,分析化学
所属学協会 日本化学会,日本分析化学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. ヌクレオシド,ヌクレオチドの化学に基盤をおいた核酸創薬
  2.  
  3. 2. 錯体を組み込んだ核酸分子の合成と性質
  4.  
  5. 3. 夾雑環境下で機能する分子プローブの開発
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. Triphenylphosphinecarboxamide: An Effective Reagent for the Reduction of
      Azides and its Application to Nucleic Acid Detection. Org lett. 2014, 16, 30-33.
  2.  
  3. 2. A Fluorogenic Peptide Probe Developed by In Vitro Selection Using tRNA
      Carrying a Fluorognic Amino Acid. Chem Comm, 2014, 50 (22), 2962-2964.
  4.  
  5. 3. Long-lived luminogenic probe for detection of RNA in a crude solution of
      living bacterial cells. J. Am. Chem. Soc, 2013, 135, 13632-13635.

氏名 田邉 豊和 職位 特別助教
メールアドレス 内線番号 3886
研究室HP 研究室HP 部屋番号 23-817
研究分野 金属物性,ナノ構造体,電子顕微鏡,触媒化学
所属学協会 日本金属学会,触媒学会,電気化学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 金属間化合物を用いた自己組織型金属触媒の開発
  2.  
  3. 2. 脱合金化法によるナノポーラス構造体の創出
  4.  
  5. 3. 透過型電子顕微鏡による金属材料の組織観察
▼ 研究室における代表的な研究業績
  1. 1. “Low-temperature remediation of NO catalyzed by interleaved CuO nanoplates”
      Francis Malar Auxilia, Toyokazu Tanabe, Hideki Abe et al., Advanced Materials,
      26, pp4481-4485, (2014),
  2.  
  3. 2. “Photocatalytic Water Splitting under Visible Light by Mixed-Valence Sn3O4”
      Maidhily Manikandan, Toyokazu Tanabe, Hideki Abe et al., ACS Applied
      Materials & Interfaces, 6,(6),pp3790-3793, (2014).
  4.  
  5. 3. “Microstructure of leached Al-Cu-Fe quasicrystal with high catalytic
      performance for steam reforming of methanol” Toyokazu Tanabe,
      Satoshi Kameoka, An Pang Tsai., Applied Catalysis A :General, 384,
      pp241-251, (2010).

氏名 中澤 順 職位 特別助教
メールアドレス 内線番号 3889
研究室HP 引地研究室(バイオミメティック錯体機能化学研究室) 部屋番号 23-822-1
研究分野 生物無機化学,錯体化学,触媒化学
所属学協会 日本化学会, アメリカ化学会, 錯体化学会, 触媒学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 固体表面における金属錯体の構築と触媒への応用
  2.  
  3. 2. 遷移金属による酸素活性化機構の解明と酸化触媒への応用
  4.  
  5. 3. 配位化学に基づく新規機能性物質の開発
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Discrete Complexes Immobilized onto Click-SBA-15 Silica: Controllable
      Loadings and the Impact of Surface Coverage on Catalysis.” J. Nakazawa,
      B. J. Smith, T. D. P. Stack, J. Am. Chem. Soc., 2012, 134(5), 2750-2759.
  2.  
  3. 2. “Dioxygen Activation and Substrate Oxygenation by a p-Nitrothiophenolatonickel
      Complex: Unique Effects of an Acetonitrile Solvent and the p-Nitro Group
      of the Ligand” J. Nakazawa, H. Ogiwara, Y. Kashiwazaki, A. Ishii, N. Imamura,
      Y. Samejima, S. Hikichi, Inorg. Chem., 2011, 50(20), 9933-9935.
  4.  
  5. 3. “Coordination Properties of Organoborate Ligands ? Steric Hindrance
      Around the Distal Boron Center Directs the Conformation of the Dialkyl
      bis(imidazolyl) borate Scaffold” S. Hikichi, K. Fujita, Y. Manabe,
      M. Akita, J. Nakazawa, H. Komatsuzaki, Eur. J. Inorg. Chem., 2010(35),
      5529-5537.

氏名 山田 健 職位 特別助教
メールアドレス 内線番号 3855
研究室HP 岡本研究室
(有機反応デザイン研究室)
部屋番号 23-731
研究分野 有機合成化学,天然物創薬化学,有機触媒化学
所属学協会 日本化学会,日本薬学会,有機合成化学協会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. 2-ピリドン構造を有する新規有機分子触媒の開発と応用
  2.  
  3. 2. 生物活性物質の合成と構造活性相関研究
  4.  
  5. 3. 有機金属反応剤を用いる効率的反応の開発と応用
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Stereo- and substituent-enabled divergent synthesis of 5,6-spiroketal
      analogs of avermectin containing a triazole function.” Tetrahedron Lett.,
      2017, 58(32), 3119-3124.
  2.  
  3. 2. “Organocatalytic site-selective acylation of avermectin B2a, a unique
      endectocidal drug.” Chem. Pharm. Bull., 2016, 64(7), 856-864.
  4.  
  5. 3. “Asymmetric Total Synthesis of Indole Alkaloids Containing an Indoline
      Spiroaminal Framework.” Chem. Eur. J., 2015, 21(33), 11855-11864.

氏名 松原 康郎 職位 特別助教
メールアドレス 内線番号 3900
研究室HP 部屋番号
研究分野 無機光化学・電気化学
所属学協会 日本化学会・アメリカ化学会・錯体化学会・複合系の光機能研究会・低次元系光機能材料研究会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1. CO2を活性化し有用分子に変換できる分子触媒の開発
  2.  
  3. 2. 光エネルギーを化学結合として蓄積(再生可能エネルギー化)できる錯体の開発
  4.  
  5. 3. 光機能性を有する典型元素化合物及び遷移金属錯体の合成と評価
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. “Electrocatalytic CO2 Reduction with a Homogeneous Catalyst in Ionic
      Liquid: High Catalytic Activity at Low Overpotential”, J. Phys. Chem.
      Lett. 2014, 5, 2033-2038.
  2.  
  3. 2. “Reactivity of a fac-ReCl(α-diimine)(CO)3 complex with an NAD+ model
      ligand toward CO2 reduction”, Chem. Commun. 2013, 50, 728-730.
  4.  
  5. 3. “Thermodynamic and Kinetic Hydricity of Ruthenium(II) Hydride Complexes”,
      J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 15743-15757.