数学教室

  • 総合工学プログラム
  • 機械工学科
  • 電気電子情報工学科
  • 物質生命化学科
  • 情報システム創成学科
  • 経営工学科
  • 建築学科
Home > 教員紹介 > 数学教室

工学部メニュー

数学教室

氏名 矢島 幸信 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3382
研究室HP 部屋番号 6-422
研究分野 集合論的位相幾何学
所属学協会 日本数学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 位相積空間の被覆性と正規性
  2. Σ–積空間の正規性
  3. 位相ゲームとその応用
▼ 最近の研究成果
  1. 1.Y. Hirata and Y. Yajima, “C*-embedding and P-embedding in products of ordinals”, Topology and its Applications, (to appear).
  2.  
  3. 2.Y. Hirata and Y. Yajima, “Separation of diagonal in monotonically normal spaces and their products”, Topology and its Applications, 196 (2015), 1033-1059.
  4.  
  5. 3.Y. Hirata and Y. Yajima, “On the D-property of certain products”, Topology and its Applications, 195 (2015), 297-311.

氏名 山崎 教昭 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3386
研究室HP 部屋番号 6-426
研究分野 非線形偏微分方程式論
所属学協会 日本数学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 非線形発展方程式論の研究
  2. 自由境界を伴う非線形現象の数学的研究
  3. 相転移現象の力学系の安定性と制御の研究
▼ 最近の研究成果
  1. N. Yamazaki, Convergence and optimal control problems of nonlinear evolution equations governed by time-dependent operator, Nonlinear Anal.,(In Press).
  2.  
  3. A. Ito, N. Kenmochi and N. Yamazaki, A phase-field model of grain boundary motion, Appl. Math., 53(2008), 433--454.
  4.  
  5. M. Kubo and N. Yamazaki, Elliptic-parabolic variational inequalities with time-dependent constraints, Discrete Contin. Dyn. Syst., 19(2007), 335--359.

氏名 鈴木 友之 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3379
研究室HP 部屋番号 6-424
研究分野 非線形偏微分方程式論
所属学協会 日本数学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 非線形偏微分方程式の解の正則性
▼ 最近の研究成果
  1. Tomoyuki Suzuki, Interior regularity criterion via pressure on weak solutions to the Navier-Stokes equations, Math. Nachr., 280 (2007), 221--230.
  2.  
  3. Tomoyuki Suzuki, On partial regularity of suitable weak solutions to the Navier-Stokes equations in unbounded domains, Manuscripta Math., to appear.
氏名 平田 康史 職位 特任准教授
メールアドレス 内線番号 3379
研究室HP 部屋番号 6-419
研究分野 集合論的位相空間論
所属学協会 日本数学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 全順序構造をもつ空間、単調正規空間とそれらの積空間の位相的性質の研究
▼ 最近の研究成果
  1. 1.Y. Hirata, “The sup=max problem for the extent and the Lindelof degree of generalized metric spaces, II", Commentationes Math. Univ. Carolinae, 56 (2015), 89-103..
  2.  
  3. 2.Y. Hirata and Y. Yajima, “Separation of diagonal in monotonically normal spaces and their products”, Topology and its Applications, 196 (2015), 1033-1059.
  4.  
  5. 3.Y. Hirata, N. Kemoto and Y. Yajima, “Products of monotonically normal spaces with various special factors”, Topology and its Applications, 164 (2014), 45-86.

氏名 越野 克久 職位 特任助教
メールアドレス 内線番号 3380
研究室HP 部屋番号 6-420
研究分野 位相幾何学
所属学協会 日本数学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 無限次元位相空間とそれをモデルとする多様体に関する研究
  2. 写像空間、冪空間の位相的構造に関する研究
  3. 無限次元位相空間の組合せ的構造に関する研究
▼ 最近の研究成果
  1. 1.K. Koshino, Hyperspaces of finite subsets, homeomorphic to pre-Hilbert spaces, Topology Appl. 210 (2016), 133-143.
  2.  
  3. 2.K. Koshino, On a hyperspace of compact subsets which is homeomorphic to a non-separable Hilbert space, Topology Appl. 206 (2016), 166-170.
  4.  
  5. 3.K. Koshino, Characterizing non-separable sigma-locally compact infinite-dimensional manifolds and its applications, J. Math. Soc. Japan 66 (2014), 1155-1189.

氏名 鈴木 敏行 職位 特任助教
メールアドレス 内線番号 3385
研究室HP 部屋番号 6-425
研究分野 非線形偏微分方程式論
所属学協会 日本数学会

▼ 研究室の研究紹介
  1. 非線形Schrödinger方程式の大域的解析
▼ 最近の研究成果
  1. 1.T. Suzuki, “Scattering theory for Hartree equations with inverse-square potentials”, Appl. Anal., (2016) 12 pages. available online (DOI: 10.1080/00036811.2016.1200720).
  2.  
  3. 2.T. Suzuki, “Solvability of nonlinear Schrödinger equations with some critical singular potential via generalized Hardy-Rellich inequalities”, Funkcial. Ekvac. 59 (2016), 1--34.
  4.  
  5. 3.T. Suzuki, “Blowup of nonlinear Schrödinger equations with inverse-square potentials”, Differ. Equ. Appl., 6 (2014), 309--333.

氏名 嶺 幸太郎 職位 特任助教
メールアドレス 内線番号 3381
研究室HP 嶺研究室 部屋番号 6-421
研究分野 幾何学的トポロジー
所属学協会 日本数学会

▼ 各研究室の研究内容
  1. 1.位相空間論の粗い幾何学への応用
  2. 2.コンパクト化の近似定理の研究
  3. 3.非コンパクト空間における同相群のトポロジーの研究
▼ 最近の研究成果
  1. 1) K. Mine and A. Yamashita, Metric compactifications and coarse structures, Canad. J. Math., 67 (2015), 1091-1108.
  2.  
  3. 2) K. Mine, Approximation theorems for compactifications, Colloquium Mathematicum, 122 (2011), 93-101.
  4.  
  5. 3) T. Banakh, K. Mine, K. Sakai and T. Yagasaki, Homeomorphism and diffeomorphism groups of non-compact manifolds with the whitney topology, Topology Proc., 37 (2011), 61-93.

氏名 村田 美帆 職位 特任助教
メールアドレス 内線番号 3383
研究室HP 部屋番号 6-423
研究分野 非線形偏微分方程式論
所属学協会 日本数学会

▼ 各研究室の研究内容
  1. Navier-Stokes方程式に対する適切性の研究
▼ 最近の研究成果
  1. 1.Y. Shibata and M.Murata, “On the global well-posedness for the compressible Navier-Stokes equations with slip boundary condition”, Journal of Differential Equations, 260 (2016), 5761—5795.
  2.  
  3. 2.M. Hieber and M. Murata, “The Lp-approach to the fluid-rigid body interaction problem for compressible fluids”, Evolution Equations and Control Theory, 4 (2015), 69—87.
  4.  
  5. 3.M. Murata, “On a maximal Lp-Lq approach to the compressible viscous fluid flow with slip boundary condition", Nonliner Analysis, 106 (2014), 86—109.