情報システム創成学科

  • 総合工学プログラム
  • 機械工学科
  • 電気電子情報工学科
  • 物質生命化学科
  • 情報システム創成学科
  • 経営工学科
  • 建築学科
Home > 教員紹介 > 情報システム創成学科

工学部メニュー

情報システム創成学科MENU

情報システム創成学科

氏名 秋吉 政徳 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3775
研究室HP 部屋番号 23-528
研究分野 知能情報学、システム工学
所属学協会 IEEE、人工知能学会、電気学会、情報処理学会、サービス学会

▼ 研究室の研究内容
  1. (1)組織学習フレームワーク
  2. (2)クラウド環境におけるe-Learningシステム
  3. (3)群れ行動の解析・モデル・応用
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 川口英俊, 秋吉政徳, 包絡分析法に関わる実践的な学習ケース自動生成方式, 電気学会論文誌C, Vol.136, No.3, pp.318-326 (2016)
  2.  
  3. H. Murakami, et.al., Inherent noise appears as a Lévy walk in fish schools, Scientific Reports, Vol. 5, 10605 (2015)
  4.  
  5. H. Murakami, et.al., Collective behavior of soldier crab swarm in both ring- and round-shaped arenas, Artificial Life Robotics, Vol. 20,pp. 315–319 (2015)
  6.  
  7. M. Akiyoshi, et al., An anomaly detection method on Web-based system by trend analysis with autoregressive model, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, vol. 133(7), pp. 1410–1416(2014)
  8.  
  9. H. Murakami, et.al., Emergent runaway into an avoidance area in a swarm of soldier crabs, PLoS ONE, 9(5), e97870 (2014)
  10.  
  11. M. Akiyoshi, et al., Reference operation generation method on project manager skill-up simulator, Communications in Computer and Information Science, Vol. 415, pp. 297–307 (2013)
  12.  
  13. M. Akiyoshi, et al., A predictive search method for FAQ-based question answering system,International Journal of Artificial Intelligence, Vol. 11, No. A13, pp.103-114 (2013)
  14.  
  15. 中島大輔, 鮫島正樹, 秋吉政徳, 佐々木良一, リスク対策案組合せ合意のための相互作用分析による調整パラメータ提示方式,電気学会論文誌C, Vol.132, No.6, pp.1041-1049 (2012)

氏名 今井 崇雅 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3725
研究室HP 今井 崇雅 部屋番号 23-417
研究分野 通信・ネットワーク工学
所属学協会 電子情報通信学会(IEICE)、米国電気電子学会(IEEE)、応用物理学会(JSAP).米国光学会(OSA)

▼ 研究室の研究内容
  1. ブロードバンド・ネットワーク(インターネット、ホームネットワーク)
  2. 高速モバイル通信(スマートホン、無線LAN)
  3. 災害や障害に強いネットワーク
  4. 多数の機器が発信するセンサネットワーク
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. Taniguchi, N. Sakurai, K. Kumozaki and T. Imai, "Full-duplex 1.0Gbit/s data transmission over 60 GHz radio-on-fiber access system based on the loop-back optical heterodyne technique", Journal of Lightwave Technol., Vol. 26, No. 13, pp.1765-1776, July 1, (2008).
  2.  
  3. M. Yoshino, S. Kaneko, T. Taniguchi, N. Miki, K. Kumozaki, T. Imai, N. Yoshimoto, and M. Tsubokawa, "Beat Noise Mitigation of Spectral Amplitude Coding OCDMA Using Heterodyne Detection", Journal of Lightwave Technol., Vol. 26, No. 8, pp. 962-970, April 15, (2008).
  4.  
  5. S. Nishihara, S. Kimura, T. Toshida, M. Nakamura, J. Terada, K. Nishimura, K. Kishine, K. Kato, Y. Ohtomo, N. Yoshimoto, T. Imai and M. Tsubokawa, "A burst-mode 3R receiver for 10-Gbit/s PON system with high sensitivity, wide dynamic range, and fast response", Journal of Lightwave Technol., Vol. 26, No. 1, pp. 99-107., Jan., (2008).
  6.  
  7. T. Imai, “Key technologies for evolving optical access networks”, Asia-Pacific Optical Communications, Tech. Dig. 6784-59, Wuhan, China, Nov.. 1-5, (2007).
  8.  
  9. H. Suzuki, M. Fujiwara, T. Suzuki, N. Yoshimoto, K. Iwatsuki, and T. Imai, "Colorless and plug-and-play technologies for WDM access over existing power-splitter-based infrastructure," Optical Society of America, Journal of Optical Networking, Vol. 6, No. 7, 830-839, July, (2007).
  10.  
  11. T. Taniguchi, N. Sakurai, K. Kumozaki and T. Imai, "Loop-Back Optical Heterodyne Technique for 1.0 Gbit/s data transmission over 60 GHz Radio-On-Fiber Uplink," IEEE J. Lightwave Technol., Vol. 25, No. 6, pp.1484-1494, June, (2007).

氏名 進藤 晋 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3731
研究室HP 部屋番号 23-424
研究分野 数理計画、金融工学
所属学協会 日本OR学会、SIAM、日本数学会、日本応用数理学会

▼ 研究室の研究内容
  1. オペレーションズ・リサーチを中心とした経営科学に関する研究
  2. 最適化問題の解法と応用
  3. 待ち行列の解析と応用
  4. 金融工学
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 進藤晋、「線形計画法を用いたAmerican Put Optionの価格付け」、日本ロジスティクスシステム学会誌, Vol.3, No.2, 3-5 (2003)
  2.  
  3. 進藤晋、「非線形相補性問題に対する準ニュートン法」、電子情報通信学会論文誌A, Vol.J84-A, No.6, 818-826(2001)
  4.  
  5. 進藤晋、「非線形相補性問題に対するニュートン法」、日本ロジスティクスシステム学会誌, Vol.1, No.2, 85-92 (2000)

氏名 杉本 剛 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3778
研究室HP 杉本 剛 部屋番号 23-531
研究分野 応用数学、理論力学、創造性教育
所属学協会 SIAM、AIAA、Euromech、SMB、OSNZ、日本流体力学会、形の科学会、日本科学史学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1.創造性に関する基礎研究
  2. 2.形の科学
  3. 3.数理生物学
  4. 4.流体力学
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. T. Sugimoto, Newton's Principia Revisited: the New Passage to the Solution of the Direct Kepler Problem, Proc. Acad. Mech. Jpn, 1, pp.17-27 (2015).
  2.  
  3. 2. S. Yamaguchi, Y. Iwasa. Phenotype adjustment promotes adaptive evolution in a game without conflict. Theo. Popul. Biol., 102, pp. 16-25 (2015).
  4.  
  5. 3. T. Sugimoto, The Historic Japanese Visitors to St Helena, Wirebird, 43, pp.21-33 (2014).
  6.  
  7. 4. S. Yamaguchi, et al., Evolution of sex determination and sexually dimorphic larval sizes in parasitic barnacles, J. Theo. Biol., 347, pp.7-16 (2014).
  8.  
  9. 5. T. Sugimoto, Discourse on the Latus Rectum in Conics, Symmetry, 24, (1-4), pp. 295-309 (2013).
  10.  
  11. 6. S. Yamaguchi, et al., Dwarf males, large hermaphrodites, and females in marine species: a dynamic optimization model of sex allocation and growth, Theo. Popul. Biol., 85, pp.49-57 (2013).
  12.  
  13. 7. T. Sugimoto, A Theory for Ciliany Gliding in Freshwater Planarians, J. Aero-Aqua. Mech., 1. E E E E pp. 57-63 E E010 E E
  14.  
  15. 8. T. Sugimoto, How to present the heart of Newton’s Principia to the layperson: a primer on the conic sections without Apollonius of Perga, Symmetry, 20, (1-4), pp.113-144 (2009).

氏名 瀬古沢 照治 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3728
研究室HP 杉本 剛 部屋番号 23-420
研究分野 社会システム工学、ユビキタス情報社会システム、情報数理システム、自動車制御
所属学協会 計測自動制御学会、電気学会, 情報処理学会

▼ 研究室の研究内容
  1. ユビキタス社会情報システム
  2. 経営意思決定システムおよび金融工学システム
  3. 社会基盤(交通、道路、鉄道、電力、水道)の設備計画、運用制御システム
  4. 環境情報システムおよび自動車制御他
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1.瀬古沢照治,他:ゲーム論的リアルオプションによる3社間の特許取得競争評価,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol.135,No.2,pp.204-214,(2015-2)
  2.  
  3. 2.小澤幸夫,他:看護師のキャリアパス別の必要スキルとコア能力に関する調査研究,人間工学,Vol.50,No6,pp359-367,(2014-12)
  4.  
  5. 3.Teruji Sekozawa, et al.: Demand estimation method using reverse pipe network analysis in water supply network, International Journal of Systems Applications, Engineering & Development, Volume 8, pp.292-300, (2014-11)
  6.  
  7. 4.瀬古沢照治,他:自己最良解の分布情報を活用した粒子群分化型Particle Swarm Optimization による複数解探索手法,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol.134,No.9,pp.1373-1383,(2014-9)
  8.  
  9. 5.瀬古沢照治,他:電気自動車による最多点巡回問題と解法の提案,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol.134,No.6,pp.773-779,(2014-6)
  10.  
  11. 6.Teruji Sekozawa, et al.: New method calculating water residence time for trihalomethane in a water supply network , International Journal of Systems Applications, Engineering & Development, Issue 3, Volume 7, pp113-121, (2013-10)
  12.  
  13. 7.Teruji Sekozawa, : Overlapping Control System for Water Distribution Network, International Journal of Systems Applications, Engineering & Development, Issue 2, Volume 7, pp.77-86, (2013-5)
  14.  
  15. 8.Teruji Sekozawa, A Technique for Diagnosing Abnormalities in Intermittent Sound Emission Mechanisms Based on Dynamic Programming Matching, WSEAS Transactions on systems, Issue3, Volume 12, pp.131-141, (2013-3)
  16.  
  17. 9.小澤幸夫,他:中堅看護師のスキル修得プロセスに関する調査研究,人間工学,Vol.48,No6,pp313-323,(2012-12)
  18.  
  19. 10.Teruji Sekozawa, :Three Proposals of Real Options to Investment Valuation for Enterprise Resource Planning Systems , WSEAS Transactions on systems, Issue 2, Volume 11, pp.50-61, (2012-6)
  20.  
  21. 11.瀬古沢照治,他:エネルギー資源の備蓄運用オプション,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol.132,No.4,pp.540-547,(2012-4)

氏名 藤岡 淳 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3393
研究室HP 部屋番号 6-417
研究分野 暗号理論、計算量理論
所属学協会 電子情報通信学会、情報処理学会、国際暗号学会(IACR)

▼ 研究室の研究内容
  1. 1.暗号理論を中心としたアルゴリズムに関する理論研究
  2. 2.通信や計算の信頼性を確保するためのシステム研究
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. 1. A. Fujioka, et al.: Strongly secure authenticated key exchange from factoring, codes, and lattices. Designs, Codes and Cryptography.76(1), 469-504 (Sep., 2015).
  2.  
  3. 2. A. Fujioka, et al.: Secure Hierarchical Identity-Based Identification without Random Oracles. IEICE Transactions on Fundamentals. E97-A(6), 1307-1317 (June, 2014).
  4.  
  5. 3. A. Fujioka, et al.: Non-malleable Multiple Public-Key Encryption. IEICE Transactions on Fundamentals. E97-A(6), 1318-1334 (June, 2014).
  6.  
  7. 4. T. Nozaki, et al.: Message Passing Decoder with Decoding on Zigzag Cycles for Non-binary LDPC Codes. IEICE Transactions on Fundamentals. E97-A(4), 975-984 (Apr., 2014).
  8.  
  9. 5. T. Nozaki, et al.: Weight Distribution for Non-binary Cluster LDPC Code Ensemble. IEICE Transactions on Fundamentals. E96-A(12), 2382-2390, (Dec., 2013).
  10.  
  11. 6. A. Fujioka: Characterization of Strongly Secure Authenticated Key Exchanges without NAXOS Technique. IEICE Transactions on Fundamentals. E96-A(6), 1088-1099 (June, 2013).
  12.  
  13. 7. A. Fujioka, et al.: id-eCK Secure ID-based Authenticated Key Exchange on Symmetric Pairing and its Extension to Asymmetric Case. IEICE Transactions on Fundamentals. E96-A(6), 1139-1155 (June, 2013).

氏名 森田 光 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3720
研究室HP 部屋番号 23-412
研究分野 情報セキュリティ
所属学協会 電子情報通信学会(IEICE)、米国電気電子学会(IEEE)、情報処理学会(IPSJ)、日本社会情報学会(JASI)、米国計算機学会(ACM)

▼ 研究室の研究内容
  1. 基礎的計算機実験による評価研究:ハッシュ関数衝突実験評価、暗号解読実験評価
  2. 応用システム構築のための暗号プロトコル研究:マイクロペイメント方式、等
  3. 情報システム構築の実装研究:購買システム、電子オークションシステム、等
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. Koji Chida, Kunio Kobayashi and Hikaru Morita: "An Auction Protocol Preserving Privacy of Losing Bids with A Secure Value Comparison Scheme,'' IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E87-A, No.1, pp. 173-181, Jan. 2004.
  2.  
  3. 藤村明子, 鈴木幸太郎, 森田光: "内部告発制度の法制化を考慮した匿名情報提供方式," 情報ネットワーク・ローレビュー, Vol. 2, pp 29-43, 情報ネットワーク法学会, Nov. 2003.
  4.  
  5. Kunio Kobayashi, Hikaru Morita and Mitsuari Hakuta: "Mutiple Scalar-multiplication Algorithm over Elliptic Curve," IEICE Trans. Inf. & Syst., Vol. E84-D, No.2, pp. 271-276, Feb. 2001.
  6.  
  7. Shin'ichiro Matsuo and Hikaru Morita: "Secure Protocol to Construct Electronic Trading," IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E84-A, No.1, pp. 281-288, Jan. 2001.
  8.  
  9. Kunio Kobayashi, Hikaru Morita, Koutarou Suzuki and Mitsuari Hakuta: "Efficient Sealed-bid Auction by Using One-way Functions," IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E84-A, No.1, pp. 289-294, Jan. 2001.
  10.  
  11. Kunio Kobayashi, Hikaru Morita, Mitsuari Hakuta and Takanori Nakanowatari: "An Electronic Soccer Lottery System that Uses Bit Commitment," IEICE Trans. Inf. & Syst. , Vol. E83-D, No.5, pp. 980-987, May 2000.
  12.  
  13. Hikaru Morita, Hideki Odagi and Kazuo Ohta: "Collision Search of a Hash Function by Using Random Mapping," IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E81-A, No. 1, pp. 35-40, Jan. 1998.
  14.  
  15. Hikaru Morita and Kazuo Ohta: "New Proposal and Comparison of Closure Tests - More Efficient than the CRYPTO'92 Test for DES," IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E77-A, No. 1, pp. 15-19, Jan. 1994.
  16.  
  17. Hikaru Morita and Chung-Huang Yang: "Lookahead Determination for Modular Multiplication," IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E76-A, No. 1, pp. 70-77, Jan. 1993.
  18.  
  19. Hikaru Morita and Kazuo Ohta: "A Switching Closure Test to Analyzes Cryptosystems," IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E75-A, No. 4, pp. 498-503, April 1992.

氏名 吉田 稔 職位 教授
メールアドレス 内線番号 3734
研究室HP 部屋番号 23-427
研究分野 確率論、確率解析、情報数理、数理物理学
所属学協会 日本数学会

▼ 研究室の研究内容
  1. コンピュータと統計数理を統合した自然科学・社会科学の各種問題の解析
  2. コンピュータを援用した様々な数理的最適化
  3. 無限次元空間上の確率解析とその数理物理学への応用
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. S. Albeverio, M. W. Yoshida: Hida distribution construction of indefinite metric quantum field models without BPHZ renormalization. RIMS K okyuroku,No. 1904, pp.161-174. (2014)
  2.  
  3. S. Albeverio, M. W. Yoshida: A homeomorphism relating path spaces of stochastic processes with values in respectively . Infinite Dimensional Analysis, Quantum Probability and Related Topics,Vol. 17,No. 1, pp. 219-257. (2014)
  4.  
  5. S. Albeverio, M. W. Yoshida: Explanation of the Probabilistic Structure of , (d = 3, 4), Euclidean Quantum Field Theory by Hida distribution and Borel sum. International Workshop on Infinite Dimensional Analysis And Quantum Probability (Nagoya), 招待講演 (2013)
  6.  
  7. M. W. Yoshida: On diffusion processes taking values in direct product spaces of Bohr compactification of R. 5th International Conference on Stochastic Analysis and its Applications (Bonn),招待講演 (2011)
  8.  
  9. S. Albeverio, M. W. Yoshida: Reflection positive random fields and Dirichlet spaces. RIMS K koyuroku, Bessatsu B6, pp. 15-29. (2008)
  10.  
  11. S. Albeverio, B. Ferrario, M. W. Yoshida: On the essential self-adjointness of Wick powers of relativistic fields and of fields unitary equivalent to random fields. Acta Applicande Mathematicae, Vol. 80, No. 3, pp. 309-334. (2004)
  12.  
  13. S. Albeverio, M. W. Yoshida: H-C1 maps and elliptic SPDEs with polynomial and exponential perturbations of Nelson's Euclidean free field. J. Functional Analysis, Vol. 196, No. 2, pp.265-322. (2002)
  14.  
  15. M. W. Yoshida: Construction of infinite dimensional interacting diffusion processes through Dirichlet forms.Probab. Theory Relat. Fields. Vol.106, No.2, pp. 265-297. (1996)

氏名 内田 智史 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3738
研究室HP 内田研究室 部屋番号 23-431
研究分野 ソフトウェア工学、プログラミング方法論、プログラミング教育、数値計算環境
所属学協会 日本経営工学会、経営情報学会、情報処理学会、ソフトウェア科学会、情報システム教育学会、人工知能学会、日本OR学会、 日本ロジスティクスシステム学会

▼ 研究室の研究内容
  1. ソフトウェア開発方法論
  2. プログラミング教育、e-Learning
  3. 数値計算用コンパイラ
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. Satoshi Uchida, Naokazu Yamaki, "Visual matrix calculator for undergraduate students",
    computers & industrial engineering, Vol. 37, Nos 1-2, pp.309-312 (1999.10)
  2.  
  3. C言語によるプログラミング-基礎編、応用編、スーパーリファレンス編-、オーム社、2001-2002
  4.  
  5. Javaプログラミング徹底入門-基礎編、応用編-、電波新聞社、2002-2003

氏名 西澤 弘毅 職位 准教授
メールアドレス 内線番号 3378
研究室HP 部屋番号 6-418
研究分野 計算機科学、論理学、代数学
所属学協会 日本ソフトウェア科学会、国際数理科学協会、日本数学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 1.情報システムの形式的検証
  2. 2.代数系の圏論的分析
▼ 研究室における最近の代表的な研究業績
  1. Hitoshi Furusawa and Koki Nishizawa, "Multirelational representation theorems for complete idempotent left semirings". Journal of Logical and Algebraic Methods in Programming, 84, 426-439, 2015.
  2.  
  3. Koki Nishizawa and Hitoshi Furusawa,"A Sufficient Condition for Liftable Adjunctions between Eilenberg-Moore Categories".14th International Conference on Relational and Algebraic Methods in Computer Science (RAMiCS 2014), Lecture Notes in Computer Science 8428, pages 261--276, 2014.
  4.  
  5. Koki Nishizawa and Hitoshi Furusawa,"Relational Representation Theorem for Powerset Quantales", Relational and Algebraic Methods in Computer Science (RAMiCS 2012), LNCS 7560, pp.207-218, (2012).
  6.  
  7. Koki Nishizawa and Hitoshi Furusawa,"Ideal Completion of Join Semilattices over T-Algebra", Bulletin of Tottori University of Environmental Studies, vol. 9 and 10, pp.91-103, (2012).
  8.  
  9. Hitoshi Furusawa and Koki Nishizawa,"Relational and Multirelational Representation Theorems for Complete Idempotent Left Semirings", 12th International Conference on Relational and Algebraic Methods in Computer Science (RAMiCS 2011), LNCS 6663,pp.148-163, (2011).

氏名 井手 勇介 職位 特別助教
メールアドレス 内線番号 3726
研究室HP 部屋番号 23-418
研究分野 応用確率論、複雑ネットワーク、量子ウォーク
所属学協会 日本数学会、日本物理学会、電子情報通信学会

氏名 奥野 祥二 職位 助教
メールアドレス 内線番号 3776
研究室HP 部屋番号 23-430
研究分野 計測システム工学、放射線計測
所属学協会 日本経営工学会、計測自動制御学会、日本ロジスティクスシステム学会、日本物理学会、応用物理学会

氏名 小澤 幸夫 職位 助教
メールアドレス 内線番号 3727
研究室HP 部屋番号 23-420
研究分野 組織科学
所属学協会 日本経営工学会、日本病院管理学会、日本人間工学会、日本ロジステックスシステム学会

氏名 桑野 一成 職位 特別助教
メールアドレス 内線番号 3732
研究室HP 部屋番号 23-425
研究分野 最適化理論、 凸解析
所属学協会 日本数学会

氏名 高岡 旭 職位 特別助教
メールアドレス 内線番号 3719
研究室HP 部屋番号 23-411
研究分野 応用離散数学,アルゴリズム論,計算量理論
所属学協会 電子情報通信学会(IEICE),米国電気電子学会(IEEE)

氏名 村上 久 職位 特別助教
メールアドレス 内線番号 3776
研究室HP 部屋番号 23-529
研究分野 群れ行動の解析・モデル・応用
所属学協会 計測自動制御学会、動物行動学会、生物物理学会

▼ 研究室の研究内容
  1. 生物集団に学ぶシステム構築

氏名 山口 幸 職位 特別助教
メールアドレス 内線番号 3777
研究室HP 部屋番号 23-530
研究分野 数理生物学
所属学協会 日本数理生物学会、日本生態学会、日本動物行動学会、個体群生態学会、Society for Integrative and Comparative Biology

氏名 佐々木 太良 職位 助教
メールアドレス 内線番号 3737
研究室HP 部屋番号
研究分野 ディジタル通信、情報理論
所属学協会 電子情報通信学会、ACM