情報システム創成コース

  • 総合工学プログラム
  • 機械工学科
  • 電気電子情報工学科
  • 物質生命化学科
  • 情報システム創成学科
  • 経営工学科
  • 建築学科
Home > 教育・カリキュラム > 教育と研究について > 情報システム創成学科

工学部メニュー

情報システム創成学科MENU

教育理念

理系に強い人は社会マインドも身につける
教育理念

情報システム創成学科は、情報高度利用技術の教育・研究を行う学科です。
社会の活動において、意思決定を支援する情報システム技術の教育を徹底することによって、工学基礎知識および思考力・表現力に裏打ちされた、数理的素養とシステム開発力を備えたシステム技術者を育成します。

学修・教育目標

本学科では、コンピュータやネットワークに関する下記の技術分野で、第一線で活躍する人材を輩出しています。また、真に役立つ社会システムを創造するためには、理系・文系両方の専門家が協力することが不可欠で、文理融合をめざしていることも、本学科の特長です。

● システム設計/製作 業種/業務システムデザイナ、プロジェクトマネージャ、セキュリティ応用技術者、システムソフトデベロッパ等 ● システムコンサルタント ユーザ系情報システム管理者、IT系サービスベンチャ、セールスエンジニア、提案型システムエンジニア等

学修の指摘
  • システム基礎技術:
    さまざまな社会・産業システムの成立ちと仕組みを理解し、設計開発に応用できる基礎能力の修得。
    社会、産業における種々の組織を合理的かつ効率的に運営するシステムの開発において必要な管理技術の修得。

  • 情報システム技術:
    システム開発を支える数理科学・情報工学・システム工学などの基礎学力の修得。問題解決の具体的な要件を決定して、これをモデル化し、最適化する能力とそれを情報システム技術で実現する能力の修得。

  • 技術者としての基盤:
    科学技術と人類の福祉・地球環境との関わりを理解し、豊かで明るい未来を築く技術者に望まれる素養の育成。
    問題点 を自ら見つけ出し、目標を達成するための解決策を導くデザイン能力とそれを継続的に向上させる能力の修得。内外の技術的な情報をメディア化したり、プレゼ ンテーションしたりするコミュニケーション能力の修得。

神奈川大学の情報系3学科


神奈川大学の情報系3学科
ユビキタスで世界は変わる!

「ユビキタス」とは、「いたる所にある」という意味です。
いつでもどこでも欲しい情報が手に入る「理想的な知能情報化社会」の時代がそこまで来ています。
ユビキタス社会を迎え、コンピュータ関連のハードウェア技術はますます発展しています。しかし、それを使いこなすにはシステム技術が欠かせません。本学科では、この便利な社会を支える社会システムを創りだす技術者を育てています。

情報システム創成学科では、ユビキタス時代の社会システムを

創りだす技術者を養成します。