電気電子情報工学科

  • 総合工学プログラム
  • 機械工学科
  • 電気電子情報工学科
  • 物質生命化学科
  • 情報システム創成学科
  • 経営工学科
  • 建築学科
Home > 教育・カリキュラム > 教育と研究について > 電気電子情報工学科

工学部メニュー

電気電子情報工学科MENU

教育理念

ますます発展拡張を続ける電気・電子技術、情報・知識技術を担う研究者を育成する。

インターネットとコンピュータチップの合体が新しいデジタル家電を産み続けているように、電子技術・情報技術が融合して従来は考えもおよばなかった新製品・新サービスが次々に開発されています。そうした技術革新にも対応できるよう、基礎学力と応用センスをあわせもった「新時代の技術者」を育成します。

最新の科学技術の成果を新しい「ものづくり」に展開・応用できる人
電子と情報、ハードとソフトなど、複数分野の知識を結び付けられる人
従来の考えにとらわれず、新しい視点から製品・サービスを発想できる人

本学科はこれらの要求にこたえる人材を育成し、その活躍を通じて人類の発展と幸福に貢献する「工学の使命」を果たします。

学修・教育目標

9つの力を身につけた電気電子情報技術者をめざします。

* 総合大学の利点を活かした幅広い視野と教養が支える 「活動力」
* 現代社会に技術者が果たすべき役割と責任を自覚した 「倫理観」
* 数学・物理・情報の基礎知識と応用能力が培う論理的 「思考力」
* 幅広い専門知識で急速な技術進歩に適応できる  「適応力」
* 工学的スキル・センスに基づき問題解決を行う大局的  「判断力」
* 計画的な研究体験を通じてデザイン能力を育む多面的 「発想力」
* および、生涯にわたって自己学習を継続的に行い得る 「学習力」
* 発表や討論でのプレゼンテーションを効果的に進める 「表現力」
* 社会的・国際的なコミュニケーション能力をもたらす   「コミュニケーション能力」

神奈川大学の情報系3学科


知能情報化社会を支える電子・情報系3学科
情報系3学科のイメージ図
電気電子情報工学科は電子技術と情報技術を合体した「夢の道具」を創り出し、人類に豊かな情報化社会を提供します。

ハードウェアからソフトウェアまで、実際の応用を中心にそれを支える基礎理論まで、幅広く習得できます。