機械工学科

  • 総合工学プログラム
  • 機械工学科
  • 電気電子情報工学科
  • 物質生命化学科
  • 情報システム創成学科
  • 経営工学科
  • 建築学科

工学部メニュー

建築学科MENU

教育理念

人間と空間、環境の理想的な関係を創造する建築を、多彩な視点から学ぶ

さまざまな機能、技術、そして美を調整し、その最善の総合化を図ることによって、人間の多様な営みにとって使いやすく、安全で快適、かつ感動を呼ぶ空間や環境を創造すること
──この建築の目的を達成するために、意匠設計・構造設計・設備設計・施工・監理など、建築の多様な分野における専門家を養成します。

学修・教育目標

建築学の目的は、快適で安全な生活・都市空間を創出することです。現在、私たちの生活を取り巻く社会・環境は著しく進展し、多様な情報と高度な技術で支え られています。このような社会的状況から建築学に関連する分野に要求される社会的・技術的ニーズは複雑・多様化しています。国際的な大都市であり国内外の 情報と最先端の技術が集積している横浜という立地条件を生かし、神奈川大学は全国から向学心に燃え意欲溢れる若者を集め、社会に貢献する人材を育成してき ました。この伝統に則って、建築学科では上記の教育理念に基づいて、[建築環境コース][建築構造コース][建築デザインコース]の3つのコースを用意し て、それぞれのコースに共通する建築の基本的な知識を学ぶとともに、各コースでより高度な知識を修得し、右のような能力を持つ建築技術者の育成をめざしま す。
* 幅広い視野と教養を持った常識ある建築技術者
* 高度に技術化された情報化社会を担い、技術者の役割と責任を自覚した建築技術者
* より快適で安全な空間を創出し得る実践的な建築技術者
* 最新の研究・技術開発情報に触れ広範な社会的ニーズを理解して、建築分野の急速な技術
進歩に適応できる建築技術者
* 問題解決に応用できる能力、多様化する社会の変化に対応して継続的・自律的に学修できる
  生涯自己学修能力のある建築技術者
* 専門的かつ総合的な能力、建築分野に要求される社会的ニーズを理解し解決するための
  デザイン能力のある建築技術者
* プレゼンテーション能力、国際的に活躍するためのコミュニケーション能力のある建築技術者

コース制



建築学科では独自の教育理念にもとづき、自分の目標や興味に合わせて効率的に学べるよう、 3つのコースを用意しています。
建築環境コース

建築により造られた環境を扱う建築環境工学と建築利用者の活動を支える建築設備について、演習・実験を含めて学修します。

建築構造コース

主に情報処理、構造概論、構造力学、各種の建築構造理論と設計、建築工法、建築・都市防災等の専門分野について実験や演習を含めて学修します。

建築デザインコース

住宅やビルディングの設計はもちろんのこと、多様な建築物を群として捉える都市構想まで、さまざまなデザインを学修します。

建築学術交流セミナー

建築学科では、2006年度より神奈川大学と交流協定を結んでいる韓国(成均館大学校)、台湾(台湾科技大学)、中国(同済大学、武漢理工大学)と本学の 5校により東アジア5大学建築学術交流セミナーを実施しています。学術交流セミナーは、シンポジウム、学生交流設計ワークショップ、フィールドワーク等か ら構成され、テーマは「都市と再生」等いずれも東アジアの都市と建築に共通する課題としています。フィールドワークでは歴史的建造物から、最新の建築まで 見学。学生交流設計ワークショップでは各大学より4~6名が参加し、協同作業で設計課題に取り組みます。