物質生命化学科

  • 総合工学プログラム
  • 機械工学科
  • 電気電子情報工学科
  • 物質生命化学科
  • 情報システム創成学科
  • 経営工学科
  • 建築学科
Home > キャンパスライフ > 在学生の声 > 物質生命化学科

工学部メニュー

物質生命化学科MENU

在学生の声

模型製作コンテストに優勝して

1)化学の面白さが分かる学科だと思います。大学生活は高校よりもさらに自由だと思うけれど、全てのことを自分で決めなければならないので大変です。でも楽しいです。

2)私は工業高校出身で、勉強についていけるか不安だったけれど、始めは基礎からやっているので、自分のやる気しだいでどうにでもなります。大学では自分で学ぶことを身に着けて、頑張りましょう。(Kさん 神奈川県立商工)

3)授業をサボったりすると簡単に単位を落としてしまいます。しかも内容がかなり高度なので、なめてかかると痛い目にあいます。でも、かなりやりがいのある授業ばかりだし、化学の奥底まで追求するので、化学好きにはたまらない学科だと思います。(M君 津久井浜高校)

4)私たちの学科は化学分野について幅広く学べると同時に実験・研究を含み自分の興味があるものは、良く深く学べます。(伊奈学園総合高等学校)

5)図書館が静かで、学習する環境としては良いと思います。物質生命化学科は割りとレポートなどの課題が多いので、図書館で友達と勉強することも大切になると思います。(K君 厚木東高校)

模型製作コンテストに優勝して

1)始めは課題の量、授業数の多さに驚くかもしれません。ですが、慣れてくるとたくさん勉強している自分に自信を持てるし、同じ苦労を味わっている学科の仲間とはとても仲良くなれます。(Kさん 東京女学館)

2)高校のときにしてきた実験よりもはるかに難しく、内容が濃いものです。理解するのに時間がかかりますが、理解できて、実験が成功したときには何よりも楽しく、嬉しい気持ちになります。(韮崎高校)

3)1年次の後期から実験が始まり、実験レポートや宿題が非常に多くなります。宿題は内容も濃いため、よく理解して問題を解いていくためには、かなりの時 間を勉強に費やさなければなりません。けれど、それを乗り越えていくなかで、化学とはどのような学問なのか分かってくると思います。(W君 氷取沢高校)

4)勉強はとてもハードです。しかし、難しい問題、課題が解けたとき、専門書の内容が分かったときの快感は何事にも換えられません。神大の物質生命化学科は最高の環境であると思います。設備・カリキュラム・教授陣・論文数どれをとってもピカイチです。

5)大学は高校以上に自由であるため、自分の意志をきちんと持つことが大切だと思う。生活面だけでなく、学業においても、自分の意思を強く持って進んでいくことが何より大学生活を充実させる秘訣だと思う。 

6)実験のときに着る白衣は、中学・高校時代では体験できないことの一つだと思います。ぜひ、神奈川大学に入ってもらいたいと思っています。(神奈川大学付属)

7)本気で勉強しようと思うなら、先生方はとても詳しく授業をしてくれるので、化学を深く理解できる。勉強熱心な人が多く、いつも図書館にいる人が多い。(八王子高校)

8)同じ試薬、同じ説明を受けて操作をしているはずなのに一人一人結果が微妙に違ったり、理論と全く違う結果が出たりする。そこで、結果を真摯に 受け止めて何でこうなった?と考察する。これから化学を専門的に勉強しに来る、後輩諸君にはぜひ実験を楽しんでほしい。(K君 呉高校)

模型製作コンテストに優勝して

1)実験装置は新しいし、建物も新しくて、よい環境にあると思います。実験室から見える、みなとみらいはとてもきれいで特に夜景が大好きです。先生方の研究に対する熱意が高い気がします。年々女性も増えています。(桜丘高校)

2)あれもこれもと欲張れるほど大学生活は長くはありません。ですから、限られた貴重な時間を無駄にすることのないよう、自分から積極的にキャンパスライ フをつくりあげていってほしいとおもいます。また、語学力を高めるといいと思います。課外英会話等をとってみるのもおすすめです。

3)学生生活が進むにつれてだんだんと化学の本質的なことが分かり、勉強する楽しさが増していくと思います。4年生からの研究室生活では色んな友人とのふれあいによって自分自身向上できると思います。(W君 武蔵野工業大学付属)

4)化学には薬品のイメージだけではなく、電池や石油など工業的なことも学びます。就職するのに役立つ化学知識(応用)も得られます。(吉田高校)

模型製作コンテストに優勝して

1)自分の目標に向かって頑張ってください。

2)偶然性を重要視しましょう。実験を頑張ってください。

3)研究室にいる時間が増え、実験のテクニック(職人技)が上達しました。

4)自分で考察して次に何をするべきか考えられるようになりました。

5)困難にぶつかっても真正面から取り組めるようになりました。

6)時間の使い方、より合理的に実験できるようになりました。

7)化学世界の常識を覚えました。