情報システム創成学科

  • 総合工学プログラム
  • 機械工学科
  • 電気電子情報工学科
  • 物質生命化学科
  • 情報システム創成学科
  • 経営工学科
  • 建築学科
Home > キャンパスライフ > 在学生の声 > 情報システム創成学科

工学部メニュー

情報システム創成学科MENU

在学生の声

神奈川大学に入学して(情報システム創成学科 1年生)


神奈川大学に入学して最初は、初めてのことばかりで何をしたらいいのかわからないといった不安もありましたが、この学科では時間割の履修登録の際に担任の 先生が相談に乗ってくれました。新入生対象のFYS(ファースト・イヤー・セミナー)というセミナー形式で大学の生活や授業に慣れるための授業もあり、す ぐに大学生活に慣れることができました。

私がこの学科をした志望した理由の1つに、この学科の特徴である理系と文系の学問を学ぶことができるということがありました。授業の内容も濃く、高校とは 違った授業を受けることができます。そのため卒業後の進路が幅広く、多くの能力を身につけることができます。また、学校設備がしっかり整っているというこ とも志望の1つでした。授業や自由利用で調べ物ができるコンピュータ室や、多くの本やビデオやDVDが見ることができる視聴覚室のある図書館や自由にヘル スチェックのできる医務室などもあります。

部活やサークル活動も盛んで、多くの学生が所属していて、サークル活動を通して先輩方とも多くの交流をすることができます。

神奈川大学に入学して(情報システム創成学科 1年生)

私は、以前から金融工学とコンピュータの両方に興味があり、これらを勉強したかったのでこの学科に入学しました。神奈川大学の良いところは設備が整っていて、文系理系が同じキャンパスなので他学部との交流が可能です。

生協という日用雑貨などが売っている店もあり、最寄の白楽駅~神奈川大学までの間にも飲食店やコンビニなどのお店があるのでほとんど困りません。

大学生活は、学生の自律性が基礎になっているので時間割りも自分で決めます。授業も高校のときと違い、ひとつの授業は90分なので意外と疲れます。でも寝 てしまうとすごく進んでしまうので、しっかり生活することも大切です。自由な時間も多く、サークルやバイトにあてることもできます。自由な時間をどのよう に使うかは自分次第で、暇な毎日をおくるより、充実した生活をおくれるように心がけています。

神奈川大学に入学して(情報システム創成学科 3年生)

神奈川大学に入学して、はじめは高校とは違う履修方法や授業の受け方に戸惑いを感じていましたが、大学のサポートもあり今では環境にも慣れ、楽しい大学生 活を送っています。学科の授業ではコンピュータを使う授業も多く一年生の頃は速くキーボードを打ったり、wordやExcel等のソフトを上手に使いこな すことができませんでしたが、今ではキーボードを速く打ったり、ソフトを使いこなすことができるようになりました。サポート体制については、履修する科目 について悩んでいるとき、担当の先生が相談に乗ってくれ、大学で就職講座や資格取得講座等もあり整っています。

7月、8月に開催されるオープンキャンパスでは、各研究室の研究内容などを見学することができ、自分の興味のある学科の研究室を覗いてみるのも良いと思います。

10号館の食堂内にある「シフォン」というパン等を売っているお店のデザートは絶品です。特に私は「かぼちゃプリン」が好物です。また、注文を受けてから作られるサンドウィッチもおいしいです。